ハーモニー 〜調和を目指す響き〜 3

音の関係性

 もともと音程というのは、ある音が他の音より高いか低いかを示すものです。
 日本の能などはそうですが、下音、中音、上音という表記の仕方で音程をあらわしました。どれくらい高く、どれくらい低くは演奏や謡の様式の中で体験によって伝えられているのです。
 ヨーロッパも古くは似たようなものでした。記譜法という高度な記録の方法も元来は音高を書き示すだけで、リズムなどは全く書かれませんでした。
 細かく音程を書き示すこと自体、大変な発明なのです。まず、音の高さによって異なる名前付けをしないとなりません。この名付けが行われない限り、音高の差はたんに高い、低いというだけで、どれくらい高い音、どれくらい低い音かという区別は認識されることにはなりませんからね。
 当然のことながら、この音の高さというのはそもそもあまり客観的なものではなかったと思います。同じメロディーの歌でも、歌う個人やグループによって音の上下動には個性があったでしょうし、現代でも声明などでは大勢の僧侶がまちまちな声の高さで歌っていたりします。そして、この音高のずれから生じる自然発生的な響きが妙に心地よかったりするのです。

 私はチェンバロ奏者なので、日常的に楽器の調律を行っています。
 はじめは調律の解説書を片手に、5度のうなりが何回で4度が何回で・・・ああでもない、こうでもないと試行錯誤でした。次第に慣れてきてうなりの回数を聞くことができるようになってからは、いわゆる既成の調律法をいろいろ試しましたが、これという自分の気に入る響きを得ることはなかなかありませんでした。むしろ、調律してから時間が経って、少し狂いが出てきてからの方が気持ちのいい響きになっていたりするものだと感じていました。
 特にチェンバロはあらゆる種類の和音を鳴らしますから、音程云々よりも3度や5度6度7度などが混ざっておこる波のうねりのような響き、揺れている響きの美しさを求めてしまいます。うねりとか揺れ、これはもう一種の快感です。
 かと思えば、ミーントーンのように多くの長3度を純正に、うなりのない響きにとる調律では、確かにその3度は協和音程になりますが、ほとんどの5度はかなり狭い不協和音程になっているといえます。
 このミーントーンでないと、バロック初期の音楽の本当の良さは伝わらないと考える人が増えていますが、私はまだそこまで信じてはいません。なにせ、5度や4度の響きが犠牲になっているということは、声楽の響きを考えるとかなり美しさが損なわれているのではないかと思うからです。
 オルガンの響きもそうです。特に終止の和音で狭い5度と純正な3度を響かせるとすると、かなりきつい尖った響きになるでしょうね。だいいち、オルガンでは往々にして終止で3度を省き、8度と5度の協和音程をあえて用いるくらいのことをしているわけですから。。
 しかしまあ、弦楽器やチェンバロのなどの響きではミーントーンの良さがはっきり現れたりします。ミーントーンの3度はもともと自然倍音の中に含まれる音程ですからね。

 今回もあまりまとまりませんでした。音程や響きという大きな問題で、何に焦点を当てて考えるは、次回によりハッキリすると思います。
 その次回ですが、「揺れる響き」というテーマで話を進めてみたいと思っています。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-12-04 00:21 | 音楽

千成千徳先生リサイタル

昨日、29日はヴィオラ・ダ・ガンバの千成千徳先生のリサイタルに出かけましたた。オール「マラン・マレー」プログラムでした。

午後1時から群馬大学の学生3人に通奏低音のレッスンをしてからの出発。なかなか忙しいスケジュールです。

会場は最近古楽のコンサートによく使われる新大久保の教会です。
新大久保駅から教会まで歩くしばらくの間、歩道の脇に並ぶのは韓国の雑貨、食堂、その他アジア地域の雑貨屋さんなどなど。。秋葉原の民族版といった感じでしょうか。

教会のお御堂の中は別世界のような静かな雰囲気、高い天井が物音の響きに余韻を醸し出しています。名古屋の安達さんの製作による、絵巻きものの一場面のような景色が黒地に金で描かれた日本趣味のチェンバロがおかれています。期待が高まります。
会場はほぼ満席、さすが、千成先生。。
密度の濃い、あつい音楽を聴かせて下さいました。チェンバロの桑原さん(本当は難しいクワという漢字です)の演奏も「ゆるみ」のこつを体得されたいい雰囲気でガンバのソロを支えた、いいものでした。

コンサートの後は恒例のご挨拶タイム。大勢の知り合いが集まってくるので、ロビーや演奏者控え室などでご挨拶と近況報告。ここで意外に大切な会いがあるものです。

打ち上げに誘われていましたが、ぼくはリュート奏者の水戸茂雄さんと二人で「アジア屋台」とかいうエスニック食堂でしばらくぶりにゆっくりしながらウーロン茶で乾杯。水戸さんは韓国のどぶろく。うらやましいぃ。。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-30 09:37 | 音楽

園部さんのこと

園部さんは2年前に亡くなった。80才は過ぎてたが、周囲のものがいつも驚くほど元気に飛び跳ねていた。彼女は舞踊(水尾流)のお師匠さんで、姿勢の良さはだれにもまねのできないほどの素晴らしさだった。

自分の孫に近いほど年の離れたぼくをいつも「先生」と呼んでくれた。
いまでもはっきり記憶に焼き付いているのが彼女の後ろ姿。外出は必ず和服。足の運びなど人に見せることを意識しているかのような見事なもの。一歩ずつ着物の裾をさばいては草履の並びが縦に揃うようにすっと出る。それが決して早くなく、また遅くもない。腰が全くふらつかず、滑るようについてゆく。町中をあんなに美しく歩く人をぼくは他に見たことがなかった。

夏の午後、日傘をかざして歩く姿は本当に粋で、色っぽかった。小さい体格なのにあまりの存在感でとても大きく見えたのだ。後ろにそっと立って見送ってしまう間、幾度となく溜め息をつき、その度に体から何かが抜け出てしまうような錯覚を感じたものだ。

彼女は胃癌で亡くなった。

手術の一週間ほどまえ、重そうな手提げ袋を下げて、園部さんはぼくの家を訪れた。
「先生、これをもらって下さいな」
中を見ると袋一杯に昔のSPレコードが入っている。
「先生、これはね、あたしが踊りの稽古に使っていたレコードなんですよ。うちの息子じゃ、あたしが死んでも、これがどんなものか分かりはしない。だからねぇ、あたしはこれを先生にもらってほしいんですよ。」
彼女は、最近目やにが出るようになって見えずらくなったという目をぱちぱちさせながら、ぼくを見上げていた。
 
「先生なら、あたしの心が分かるでしょお。ほら、このレコードのこの写真、よく見て下さいな。赤城馬子うたの踊りの写真、これ、まだ娘の頃のあたしなんですよ。東京のレコード会社に行って踊っているところを写真にしてくれたんです。いやぁ、懐かしい・・・」
ぼくは園部さんと一緒に一枚のレコードジャケットを覗き込んだ。そこには随分若い体のしっかりした娘さんが、馬子うたにふさわしい田舎娘の格好をしていくつもの踊りのポーズを取っていた。

「先生ならあたしの心がわかる、先生なら・・・」
そう何度も繰り返し言っていた園部さん、ぼくのコンサートを聴いてくれたわけではない。ただ、お互いに面と向かって挨拶し、言葉を交わすようになって、お互い信念をもって生きている者同士の信頼関係が生まれたのだと思う。

彼女が亡くなってお通夜にもお葬式にも出たが、ご遺族の方にこのレコードの話はしなかった。ぼくは彼女の心をしっかり受け止めたかったから。

それらは彼女の意志で、これからもずっとぼくの手元にある。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-29 02:59 | 雑記

浦上玉堂と坂田進一先生

ちょっと前の話
前回のNHK日曜美術館で江戸の文人「浦上玉堂」の特集していました。
ゲスト、コメンテーターとして岡山県立美術館の方とわが師、坂田進一先生が出演されていました。
これまでにも玉堂を特集した番組はありました。同じ日曜美術館でもやったことがあると思います。しかし、今回の企画は過去のものと比べて「文人・浦上玉堂」という観点でしっかり構成されていました。
玉堂は真に中国の古典的な文人を目指していたので、書、画、琴、碁の4つの道を人生に欠かせないものとしていたはずです。番組ではその中の画と琴(音楽)を中心に取り上げていました。
さて、今日わが友人の富士山蘊恥庵庵主 さんのブログをのぞいてみると、なんとこの番組のことをお書きになっているではありませんか!!
不二草紙 本日のおススメ
坂田先生は本当に周りの者を有無をいわさずご自分のペースに引き込んでしまう大した俗人でありながら、そのハートは純真うぶな仙人のような人なのです。腹が出ているのが気になっているのですが・・・
ぼくが先生と出会ってもう20年以上になります。。知り合ってからつい最近までこんな偉い先生だとは知らずにお付き合いしてきました。中国古典音楽の素晴らしさ、日本の古典音楽の繊細さ、そして一杯飲み屋に集うお客のリクエストに次々答えて演奏したり伴奏したり、まるで流しの音楽家の一夜も共にいたしましたね。あの先生との即興演奏の掛け合いは大変大きな勉強になりました。
どうぞまだまだお元気で、怠け者のぼくに容赦のない稽古をつけて下さい#
来年はわが新居にお招きし、コンサートをやりましょう!!
c0095185_23392727.jpg

c0095185_23395948.jpg

写真上は坂田先生と浅草の浅草寺伝法院でのコンサートで、下は富士山蘊恥庵庵主さんと飲み明かした翌日に撮影した記念写真です。。なつかしぃ〜!!
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-26 23:40 | 音楽

ハーモニー  〜調和を目指す響き〜  2

  調律法は古来からたくさんあります。
 私がすぐ思い付くものとして中国の三分損益法、ピタゴラス調律、ミーントーン、キルンベルガーなどなど。インドやペルシャ、アラブの調律法などは全く知りません。勉強不足!
 つまり、地域や民族、さらに時代によって好まれる代表的な調律法というのは様々に変化しているのです。そして、たまたま今日、西洋音楽にあっては12平均律という調律法が主流となっているに過ぎません。
 実際、私が専門としているバロック音楽の時代には、別の意味での平均律、例えばキルンベルガーやベルクマイスター、ヤングの調律法と呼ばれるような部分平均律が好まれます。

 多くの音律が存在するということは、それらが必要とされた理由があったからです。東洋より西洋の方が多くの音律を生み出しています。個人によっても独自の調律法をする人がいますから、ある意味無限の調律法が用いられています。
 西洋でたくさんの音律が考えられてきた背景には、西洋音楽が単声のメロディー中心ではなく、和声法や対位法的多声部書法によって、いくつもの音が同時にぶつかり合い、混ざりあい、共鳴しあうように意図されている事情があるでしょう。ぶつかりあう音を美しく響かせるための音響的な調和を目指すこと、それが多くの調律法を生み出した背景だったのです。

 さて、この日記の本来の問題、正しい音程とは? 正しいハーモニーとは? に話を戻しましょう。

 正しい音程とは絶対的な音高にあるのではなく、正しく響く音高という意味で考えることが望ましいと、私は考えています。
 この音程とは他の声部の音との関係性もそうですが、音楽表現の中身によってもかなり影響を受けやすいものです。たとえば、悲しみの表現の中にあってはやや低めの音程でとか、歓喜の興奮の表現の中では思いきって高めにとか、ごく自然にそのようにずらしてみたくなるものなのです。
 このようにずらすことのできるもの、幅とかゆとりとか、つまり私のいう「ゆるみ」のなかで動くことができるものとして、音程についても考えてみたくなります。 ・・・つづく

音律・・・音階を特徴付ける音程の配列の意味で使っています
調律法・・上記音律を得るための1オクターブの分割法
音高・・・ある音の質的高さ、数学的に表すことも可能なもの
言葉使いの定義がハッキリしていなくてごめんなさい。音楽学の論述ではありませんので、どうぞご容赦下さい。。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-25 00:16 | 音楽

ハーモニー  〜調和を目指す響き〜 1

 音楽の勉強の一つにソルフェージュがあります。この歴史や定義について考え出すとまた長くなってしまうので、ここでいうソルフェージュは単に音感訓練くらいに受け取って下さい。
 さて、かつては音楽大学の入試にもかならずソルフェージュの試験がありました。おもに視唱と聴音です。最近はこれらの試験のない場合もあるようですが、とにかく受験生にとってソルフェージュは結構辛い勉強でした。
 なぜソルフェージュが必要なのかといえば、正しい音程を実践できることと複雑な音形でも個別に認識、識別できる能力を身に付けることにあるといえるでしょう。

 演奏という立場で考えると、この正しい音程というのは実はあまり真剣に考えられていないのでないか、あるいは何か固定観念に縛られていないかという疑問を感じています。
 例えばよく見られる光景に、歌のメロディーの音取りをピアノに合わせて覚えようとしている人がいます。歌だけでなく、バイオリン、チェロはじめ弦楽器、音高の動きやすい管楽器など、多くの場合ピアノの音高を頼りにしています。

 そこで疑問1。なぜ、ピアノの音高を信じるのか?

 ピアノに音を合わせたいという理由は分かります。それは、ピアノという楽器はそれ自体の音高を微調整することができないからです。15分かそこらで調律をやり直すなんてことは不可能ですから。それならピアノと一緒に演奏される楽器がピアノの音程に合わせてやるより仕方なくなるのです。
 しかし、そういった理由もなく、教育の場や個人の練習でピアノの音に盲従して音取り練習を行うということが広まっていることは問題です。なぜなら、ピアノという楽器は専門の調律師が多分平均律という、1オクターブ内を12の半音で均等に分割するという、機械的な方法で調律しているからです。
 調律? 音程の分割? 大分専門的な話になりますので、私も本当には詳しくありません。あくまで演奏という体験から得られた自分なりの心得?という所に的を絞って話を進めたいと思います。 ・・・つづく
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-23 10:22 | 音楽

レンタル楽器やってますよ

スタジオの一件

チェンバロやヴィオラ・ダ・ガンバは一人で演奏することもありますが、2〜5人くらいのアンサンブルでコンサートに臨むことが多いものです。

そんな時に一番の悩みの種は練習スタジオです。
まず、演奏家たちが同じ地域にすんでいることはほとんどありませんから、一か所に集まるだけでも、移動に経済的負担と時間とがかかります。しかも、そういったスタジオにはアンサンブルに必須の広さと、練習用のチェンバロ、オルガンなどの移動の大変な鍵盤楽器が備え付けでなければ用を果たしません。

なんとこれまでの私はそのスタジオに恵まれていました。
親戚のものが家を新築した際、一階を着付け教室用にとワンルームにして作ったのですが、本業が忙しくなりお教室はほとんど始まらないまま部屋だけが空いてしまったのです。そこをスタジオに借りることができたのです。

しかし6年目の今年問題発生。数年前にイタリアから戻った息子さんがそこを新居としていたのですが、趣味の車とバイクのため、駐車スペースがなくなってしまったのです。

スタジオは一応使える状況ですが、人の出入りやら何となく気を使うし、道路交通法の改正以降は路駐しているメンバーの車が気になって、どうも落ち着きません。
そしてとうとう、自分の仕事を「コキリコ社」として独立させ、スタジオ兼、事務所兼住居(お泊まりのゲストもいますので)という貸家を群馬県高崎市に借りることにしました。現在の前橋市から結構離れていますが、これからの活動のためには欠かせません。
これを機に自宅と旧スタジオに別れていた楽器を一か所に集めて、維持管理できます。また、それらの楽器のレンタル事業もやってみることにしました。東京の業者さんから借りてくるよりはずっと融通が利いて、安上がりになります。
今回は、手前味噌のような宣伝になってしまいますが、レンタル楽器リストなど載せてみます。ご興味のある方はご参考になさって下さい。
レンタル・リスト  <<< ここをクリック
なお、楽器に関しては八王子の山野辺暁彦氏、秩父の大滝眞氏の協力を得ております。感謝。。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-21 09:33 | 音楽

楽器レンタル・リスト

楽器のレンタルはじめました。
よろしくお願いします。一日レンタル(コンサート用)では、すべて、運搬、調律代込みです。
c0095185_929190.jpg

[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-21 09:31 | 音楽

日本シャンソン館でのコンサート

群馬県渋川市の日本シャンソン館をご存じでしたか?
私も昨日のコンサートで伺うまで、名前はずっと前から知っていましたが、実際に出かけてみたことはありませんでした。
国道17号線をひたすら渋川市に、関越自動車道インターの先で道は二またに分かれますがそこは右側の本線を! 間もなく日本シャンソン館の案内板に従って左折するとすぐにあります。市内に入ることもないのでアクセスは大変良し。

シャンソン館とあるのでその愛好家限定のお屋敷かと思えば、もっとずっと趣味のいい、雰囲気のいい建物でした。

本館はゴッホが描いたフランスの何処かの市庁舎(町の名前が分かりません、すみません)にならってデザインされています。塔も時計も市庁舎という文字までそっくりです。その脇に教会のお御堂風の建物が増設されていて、そこがホールになっています(一階と2階がありました)。
建物を出ると小さな庭園があります。これにもまたいわれが・・・
睡蓮の連作で有名なクロード・モネが自分の住まいの庭に作った日本風庭園、太鼓橋と下の池の睡蓮の絵、どなたもきっとどこかで見たことあるでしょう、それにならった小さなお庭がありました。私が散歩したときは、3人の方が花壇の花の植え替えをされていました。

石畳の中庭をはさんで小さいけれど居心地のいいカフェ。その隣におしゃれなレンガつくりのミュージアムショップがありました。
c0095185_10342776.jpg
1995年7月開館いらい、シャンソンと直接関係しない音楽イベントを企画されたのは初めてだとか。。企画担当の玄間さん(笑顔が魅力的な素敵な女性です!)、チェンバロでフランス・バロック音楽をという発想はとてもセンスがいいと思います。この日、館長の芦野宏さんにはお会いできませんでしたが、皆様に喜んでいただけたバロック音楽のひとときを作れ、大変光栄に思いました。
c0095185_10353194.jpg


角田マネージャーが写真を撮ってくれたので、私も彼の写真を、と思ってカメラを向けると「私は写さないで下さい」とのこと、背中のみの一枚を撮らせてもらいました。c0095185_10362420.jpg

振り返れば九州ツアーの途中でいただいたお仕事の電話から実現したコンサートでした。玄間さん、芦野館長、日本シャンソン館スタッフの皆様、角田マネージャー、はるばる聞きにいらして下さった多くのお客さま、本当にありがとうございました。  感謝。。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-19 10:37 | 音楽

解禁日!!

今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だったのですね。
一昔前はちょっとしたお祭り騒ぎみたいに騒ぐ人たちがいたけど、最近はどこの酒屋でも、そこらのコンビニでも売られるようになってしまって、ブームは過ぎてしまいましたね。

とはいえ、フランス好きにとっては新酒のワインは今の季節の待ちに待った楽しみなのでしょう。
群馬県渋川市には日本シャンソン館という素敵なシャンソン博物館があって、ボジョレー・ヌーヴォー解禁イベントが開催されます。今年第8回のそれは、ぼくのクラヴサン(チェンバロ)独奏による「フランス・バロック音楽コンサート」です。18日土曜日、午後3時より。

渋川市はぼくの住む前橋市のお隣のようなところなのに、シャンソン博物館へはまだ一度も行ったことがありません。どんなところだろう、楽しみです。
それなのに、昨日から指先にあかぎれのようなひび割れができて痛い。。テープを貼っておけば、あさってまでには良くなるかなぁ。。

c0095185_0204615.jpg
いつもの散歩コースにある場違いなほどレトロなおもちゃ屋さん。お客がいるところを見たことがないけど、何とか商売できているのだろうな。セルロイドのお面に風車! 子供より、大人が寄って来るんだろうな、こういうところは。。
[PR]
# by toshimusikk | 2006-11-17 00:21 | 雑記