恵みの雨に思う

c0095185_13452647.jpg


17日間の東北ツアーを終えて加子母に帰ってきました。

ツアーの始めは台風と追いかけっこのような日々で、毎日ヒヤヒヤしながらも、雨にたたられることもなく無事にコンサートができました。

車に楽器を積んで動いているので、日差しの暑い日などはちょっと神経を使うのですが、今回は曇りで涼しい日が多くて助かりました。

加子母に戻ってくると、梅雨も明けて猛暑の夏がやってきました。
ここから車で1時間半ほどの多治見市では40度まであと1歩のところまで気温が上がりました。

昨年10月に完成したぼくの新しいチェンバロも、この初めての夏の暑さに負けて、響板の高音部が割れました。音には影響がないのですが、夏が終わったら暇を見て修理しようと思います。

それにしても雨の降らない真夏日が続いていました。汗びっしょりになって、毎日1時間半もかけて畑の水やりをがんばりました。

今日はようやく雨が降っています。
ニュースでは昨日から四国地方の豪雨の話で、被害の拡大が心配されています。

日本の気候がどこか狂っているのでしょうか。日本という国の行方も、どこか狂っているのでしょうか。

心に引っかかります。

こんな思いを音楽に変え、言葉に変え、まだまだツアーを続けていきます。次は、8月15日、終戦記念日に始まる都留音楽祭。そして9月初旬の地元加子母でのコンサート、音楽祭です。
[PR]
# by toshimusikk | 2014-08-04 13:32

東北ツアー2014、part1

2011年の大震災の年から始まった東北ツアー。今年も7月4日から15日まで、各地で小さなチェンバロのライブをさせていただけることになりました。

今年の東北ツアーは、コンサート収益の1部を7月14日から19日の間開催される福島の母子対象保養合宿『加子母山里ちびっこ学校』に寄付します。
http://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com

まず第1弾のお知らせ

7月4日(金)
会場 高崎市 「カフェあすなろ」
高崎市鞘町73、027-384-2386
開演 19:00 開場 18:30
参加費 2000円、中学生以下1000円(1ドリンク付)
*ご予約はお店まで


7月5日(土)
会場 小川町「ベリカフェ つばさ 游」
埼玉県比企郡小川町大塚1186
090-4453-6355(高橋)
開演 16:00 開場 15:30
参加費 2000円、中学生以下1000円(1ドリンク付)
ogawamap@tubasa-u.com
(20席/ご予約はお店まで)
*夕方4時から始まるコンサートです。

皆様と小さなチェンバロとの出会いを楽しみにしております。
[PR]
# by toshimusikk | 2014-06-20 06:11

最近の政治報道

ここしばらく、政治の報道の中心に「集団的自衛権行使容認」の与党協議があります。

話し合うということは当然必要でいいのです。

しかし、報道で語られる文脈の中から、そもそも「集団的自衛権」自体がこれまでの常識では憲法違反だとされていた、というニュアンスが全くなくなっています。

ニュースというのは毎日何度も繰り返し聞かされます。そこに今は「集団的自衛権行使容認」という言葉ばかりが並び、いつの間にか耳の奥に記憶させてしまって、これまでの憲法では非常識だったものがどこか常識的な言葉のように記憶されてしまうのです。

自分自身の内でもそんな変化が起こっているとわかります。

だからあえて、そうではないんだとここに記録しておきます。

「集団的自衛権」ほ戦後の日本の歩みの中では、明らかに非常識な概念で、憲法違反です。

阿部政権と自民党はその非常識だったという事実に蓋をして、国民の目を欺くようなやり方で、憲法違反の「集団的自衛権」が、一部の具体的行為の場合のみ許されるという、詭弁の論法の中に取り込もうとしています。
マスコミも、中立的報道者という顔を装いながら、現政権権力者の魂胆に組みしているようです。

「集団的自衛権」が個別の事案の場合に行使容認されるという考えは、別の例に例えれば、「泥棒はほんらいは悪であるが、幾つかの個別の場合にはその行為は善になる」という論理です。

現憲法では「集団的自衛権」は憲法違反です。一点の曇りなく明らかです。
「集団的自衛権」を論じるならば、まずは憲法改正が大条件だということです。

それを避けて、都合よくこの問題を押し通そうとする政府、自民党は、為政者としては本当に意気地なしの卑怯な考え方や行動を国民に押し付けていると、早く気づいてほしいものです。

そう、こんな政治家の姿や言葉に翻弄される社会で教育される子供たちにとって、教育的悪影響か心配です。
[PR]
# by toshimusikk | 2014-06-10 06:26

6月のコンサートのお知らせです

群馬県中之条町「小さなチェンバロ」

6月4日(日)
会場 カフェ ビスケット
中之条町西中野町114-1
電話 0279-69-8588
開演 14:00、開場13:30
料金2000円(ドリンク付き)
20席ほど(ご予約優先)
ご予約はお店まで


岐阜県恵那市「小さなチェンバロ」

6月20日(金)
会場 恵那キリスト教会
恵那市長島町中野268(JR上野駅から直進、徒歩7分)
電話 0573-25-2288
開演 19:00、開場18:30
入場料 1,500円 小中学生は無料です。
入場料の一部を「加子母山里ちびっこ学校」に寄付します。
問合せ、ご予約は「アトリエ玉手箱」まで、0573-79-3681

c0095185_943496.jpg

[PR]
# by toshimusikk | 2014-05-29 09:31

2014年5月16日(金)朝刊より

c0095185_7171220.jpg

全くこの通り、未熟な政治手腕が本当に心配な首相です。

私たち日本人はこのままこの内閣を放置していていいのでしょうか?、
[PR]
# by toshimusikk | 2014-05-16 07:15

谺 雄二さん死去

全国ハンセン病原告団会長の谺 雄二さんがなくなりました。もう一度、元気なうちにお会いしたいと思っていたので、残念で、悔しい思いです。

ご冥福をお祈り申し上げます。
c0095185_6584648.jpg

[PR]
# by toshimusikk | 2014-05-12 06:55

3月 シナジーナイト出演

下呂市、下呂交流会館で年に数回行われている「シナジーナイト」への出演のお知らせです。

タイトル 『今蘇る、チェンバロの楽しみ』

ちょっと大げさな感じもしますが、飛騨地方では初めての大型のジャーマンチェンバロによるコンサートということで、こんなタイトルにさせていただきました。

日時 2014年 3月14日(金) 開演19:30   開場19:00
場所 下呂交流会館 マルチスタジオ
入場料 1000円 全席自由 (100席限定)
曲目 J.S.バッハ  トッカータ / J.P.ラモー 組曲イ短調より / F.クープラン クラブサン曲集より ほか

チェンバロのための名曲が並びます。このようなバロック時代の大作曲家の作品を中心にお届けできるコンサートは、最近では少なくなりました。普段はオリジナルの音楽も多いに演奏する私ですが、今回はチェンバロ音楽の神髄に迫るような選曲にしてみました。間に息抜き程度、自作のペンダントオカリナによる演奏もご披露いたします。

1000円という破格の低料金に設定しているのは、当会館の主催事業であり、多くのみなさんに心安く生の音楽をという趣旨からの企画となっているからです。

ほんの少しだけ足を伸ばして、下呂交流会館までチェンバロの響きを聴きにいらっしゃいませんか?
お待ちしております。
下呂交流会館のイベント情報はこちらから http://www.gero-k.jp/event_list.php?sort=
[PR]
# by toshimusikk | 2014-03-09 13:50 | お知らせ

コンサート中止のお知らせ

2月23日、日曜日に予定しておりました松本市新村の楽蔵ぴあのさんでのコンサートは、大雪の影響のため中止となりました。
発表が遅くなりましたが、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by toshimusikk | 2014-02-20 15:02

旅する弦楽器、コンサートのお知らせ

まったく久しぶりのお知らせです。

ヴィオラ・ダ・ガンバ、胡弓、ペンダントオカリナのコンサート

日時 2月23日、日曜、15時開演、14時開場
会場 長野県松本市楽蔵ぴあの
       松本市新村881 電話0263−47−6086
料金 2000円、1ドリンク付

響きの良い昔ながらの蔵のカフェ「楽蔵ぴあの」、薪ストーブの優しいぬくもりの中で、西洋と日本の弦楽器の音と出会いに触れてみませんか?
普段はチェンバロでの演奏活動をしている私が、大好きなガンバでのコンサートをいたします。とても楽しみです。
よそでは聞くことのできないような、楽器の歴史や音楽のお話もお楽しみください。
[PR]
# by toshimusikk | 2014-02-18 19:24 | お知らせ

特定秘密保護法案についてわたしの意見

正義は秘密を好まない

なぜなら、秘密は悪者の得意とするところだから。

暴かれて困ること、それ自体正義と両立しない。

政治家は正義(道義)と悪者との仲介者でしかないのだろうか、残念だ。
そして今の与党(自民・公明)の議員諸君は、国家こそが正義や国民よりも尊くて、
なによりもまず守られるべきものだと信じているようだ。
この国は国民主権であったはずなのに。
彼らの頭の中の思考時計は80年も昔に巻き戻されてしまっている。

秘密を守ることは、国民を守ることにはなりえない。
どんなに都合のいい説明をしたところで、特定秘密保護法とは、
国民から政治を監視する権利を奪い、国家とそれに連なる権力者を守るために力を振るう、
腐った鉈(ナタ)でしかない。

まったく、そんな国民を裏切るような政治家を大挙して国会に送り込んでしまう日本国民の信条の薄さ。

自分が生きている間に、この嫌悪感が消えてくれることを祈ります。
[PR]
# by toshimusikk | 2013-12-06 22:12 | 雑記