<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

福島県喜多方市と須賀川市でライブします

8月31日(土)、福島県喜多方市の食堂「つきとおひさま」でライブします。
翌日9月1日(日) 、福島県須賀川市のギャラリーカフェ「銀河のほとり」でライブします。
この2つのライブの詳細は私たちのホームページを見てください。http://tebako.jp/Event.html アトリエ玉手箱

さて、ぼくにはずっと歌いたい歌がありました。日本の南の果て島、与論島に生まれた「与論小唄」です。

昨年福岡市のとあるライブハウスで初めてこの歌を聞きました。三線で弾き語りされた与論小唄。歌詞も旋律もぼくの心捕らえました。

あれから1年、ようやく今年の福島ツアーでこの歌を歌おうと決心しています。4拍子と3拍子の混じり合う不思議な拍子。島唄、それは海を越えなければどこにも出ていくことのできない、海という不確かな壁の中で生きる人々の唄。これまでもぼくは、イギリスの島唄「water is wide」を気に入って演奏してきました。「与論小唄」にはこれと通じる心を感じます。

この唄に出会ってから1年、ようやく歌えるような気がします。

まずは会津喜多方から。
福島の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by toshimusikk | 2013-08-29 23:20

望月芸術祭

国道142号線、長野県佐久市の望月宿があります。

ここでは明日8月8日より、第1回望月芸術祭が始まります。

芸術祭と言うと、今町おこし村おこしで全国どこにでも、その動きがありますね。

でもここ望月では、それがちょっと違っているのです。

縄文時代からの長い長い歴史を持つ中山道望月宿。もちろん山の中ほどの小さな町です。

ここで生まれ育った若者が、おじいちゃんの時代の望月には、美しいものが山ほどあり、力強い人たちが沢山いたことに気付いて、自分たちもそうでありたいと立ってこの芸術祭を企画しているのです。

普段のぼくは旅人で、この宿場町をいつも通り過ぎるだけ。
それがある時、町の入り口にある一つのカフェを知りました。

yushi-cafe、ユーシカフェといいます。

芸術祭の始まる一日前にそのカフェを訪ねました。ここの若いマスターがぼくにとってこれからの新しい望月の代表でもあります。

みなさん是非、この町を見に行ってください!
c0095185_21555411.jpg

c0095185_21555628.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2013-08-07 21:38