<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

尾道での初コンサート

今年の九州ツアー最後のコンサート、広島県尾道市のミュゼッタさんでの 小さなチェンバロ を終えました。

初めての尾道。
小高い丘に囲まれた港街。
なるほど坂を上れば、どこからでも美しい瀬戸内の景色を眺望できそうです。

コンサートの前、午前中に郊外の養老温泉へ行きました。温泉に入りたいというのでなく、
どんなところだろう?という興味で車を向ました。
思った通り、田んぼのはずれ、山際の小さな温泉です。
飾りっけのない温泉宿。
いつかは必ず入りたい、そう思って後にします。
尾道の有名どころをみて回ろうと思っていたから。
しかし、しばらく行ってやっぱり引き返しました。
初尾道の思い出はこの温泉と決めたのです。

お昼も食べて、午後2時頃にミュゼッタさんでに到着。
かねがね気になっていたこちらのお店のチェンバロと対面しました。
一段鍵盤のフレンチでした!
大変古いものですが、アクションに問題ありません。
結構でたらめになっていたジャックを戻し、足らないプレクトラムを入れて調整すると、
十分演奏できる楽器になりました。

夜の演奏では大勢集まって下さったお客様に、このフレンチと持参したスピネットの両方を聴いてもらうことができました。
みなさん一人一人の元気なお顔が思い浮かぶ、
素敵なコンサートになりました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-28 07:55 | 音楽

小倉を後に

九州ツアーで欠かせない小倉北区の「ギャラリー雛蔵」でのコンサート。
気持ち良く演奏できました!

そして、初めて関門トンネルを車で通って九州を後にしました。
何しろ今回は全て陸路です。
そして数時間後、宮島の厳島神社の大鳥居を横に見て走ります。

あすは尾道での初コンサート、とても楽しみです。
それにしても長距離ドライブとその後の演奏、簡単ではありません。
何があっても演奏を聴いてもらえるのはとてもうれしいこと。
これからも、旅の仕事が上手に増えていけばいいな、、
では、尾道での出会いを本当に楽しみにしています。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-26 21:45 | 音楽

別府良き温泉、良き会場、そして小倉へ

毎年この時期に演奏に訪れる別府。
今年が12回目の「環豊後水道古楽祭」(つまるところ別府古楽祭)への参加に合わせ、
昨年に続き、市内旧家で母屋が重要文化財に指定されている「桝屋」、でのコンサート。
この何年も毎年訪れていますが、やはり今年も別府文化の奥深さを肌身で確かめた二晩でした。

わたしのライブ、コンサートは会場の趣き、お客様の雰囲気で大きく変化します。
それではダメだという意見もあるでしょうが、私自身がいつも同じ物ということを好みません。
これはもう、性分の問題でしょう。
ですから会場も、お客様もその時々の演奏の大事なパートナーだと思っています。
だから桝屋さんでの演奏も、古楽祭での演奏も、今年は昨年とまた大きく変わったと思います。

別府にいる間、温泉の楽しみは欠かせません。今年は二日間朝湯を楽しみました。新たに見つけた温泉、これは私には宝の温泉でした。いろいろ回りましたが、別府でふたつめのお気に入り温泉となりました。

さて、今日は別府を離れ、小倉のギャラリー鷺島でのコンサート。
二年ぶりの会場ですが、ここは良く響きます。
単に音が響くというわけでなくて、多分人の思い、私の思いが良く響くのでしょう。
ここて音楽をする者は誰でも同じに思うのでしょうか?
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-24 22:30 | 音楽

瓢鰻亭/ひょうまんてい/ヒューマンテイ ライブ

福岡県京都郡京都町の「瓢鰻亭」でのライブ、
響きも雰囲気もいい会場で、九州に来たら必ず会いたい友人知人も駆けつけてくれて、
とても有意義な楽しい時間になりました。

こんなライブができた晩は、小さなチェンバロを自分で運びながら、
全国で演奏活動をする旅芸人になれてよかったと、正直に思います。

ここで、この皆さんの前で演奏できて良かった!

この喜びがあるから、もっともっといい演奏を、心を豊かに包み込むような時間を分かち合える旅の音楽家でありたいと、これからの自分に願うばかりです。

瓢鰻亭はほんとに出会えて嬉しいと思う場所。
オーナーの前田さん、ぼくを温かく迎えてくれる友人たち、
本当にどうもありがとう!
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-22 00:28 | 音楽

有田ポーセリンパークで

今年が3年目の、有田ポーセリンパークでの 小さなチェンバロ。
会場はこの地にあるヴィンツェンガー城。
ドイツ、ドレスデンにある本物の城をよくここまで再現できたと思うほどの建物。
窓から見える庭も手入れが行き届いて、噴水を中心に刈り込まれた緑と美しい花園。

そして、響きのいい大広間。

二日間とも、昼間は無料のミニコンサート。間の一晩はディナーコンサート。
大勢のお客さまに心ゆくまで小さなチェンバロの音色を楽しんでいただけました。

今は福岡の友人宅にいますが、途中でぜひ寄りたかった武尾温泉に入ってきました。
情緒溢れる建物(重要文化財)と素晴らしい泉質の湯。
心に滲ました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-20 17:00 |

九州に入りました

16日、雨降る中「さくらみカフェ」(神戸)に到着。オーナーの松本さんとお会いしました。
電話でお話していた時からそうでしたが、気さくで話しやすい方でした。
初めての神戸での 小さなチェンバロ デビューでした。
ありがとうございました!

台風15号の影響で、翌日の高速道路は通行止めがありました。
国道2号線を走りました。

高速道路と違って人里の景色があり、町を通り、運転していてうきうきしてきます。
時間を気にしない旅だったら、このまま国道を走って九州まで行きたいところです。
残念な思いを振り切って、備前から高速道路に入りました。

台風の影響が心配ですね。
18日、19日は有田町ポーセリンパーク のんのこの郷 にて、小さなチェンバロ です。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-18 06:45 |

九州ツアーへ出発

この数日、実に残暑が厳しかった。
朝畑に出ても、背中を照りつける日差しに痛みを覚えるほど、、、

しかし、秋はしっかり加子母にやって来ている。
12日の中秋の名月を見ながらの夕食。
13日には角領の安江さん宅にて観月会、庭に宴席を用意して、吊るした裸電球一つ。楽しい会だった。
オカリナを二回焼き、チェンバロの修正を終えた。
昨日15日は車のエンジンオイルを交換した、自分で。これは大事な仕事。

今日16日、これを書き終えたら出発。
今晩は神戸の元町駅近く、「さくらみカフェ」にて初ライブをさせていただく。

いつもそうだが、仕事のために旅立つという気持ちではいられない。
旅仕事はいつも未知で、新しくて、楽しくもあり怖くもある。
どんな人たちと出会えるのか、何を聞き、何を目にしてくるのか、
この仕事は音楽を道連れに、音楽に導かれて流れ動くようなもの。
「旅を終えてまた加子母に帰ってきたい」
この声を忘れずに、行って参ります。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-16 05:50 |

中秋の名月

昨晩は中秋の名月。
あれ、  と思うほど早いこの晩の到来でしたね。

夜の食事中でした。
雲の切れ目から顔を出した明るい望月が、大きな窓に下ろしたレースのカーテンの向こうから、静かに澄んだ明るい影を映していました。

カーテンを開けて、月を見ながらの食事。

電気も消してしまえば良かった。

本当に美しいものに心を近づけるには、
人間は邪魔なものをたくさん持って、
手放すことができないのですね。

夜寝る間に、映画(DVD)を見ました。
COLD MOUNTAIN
邦題はなんといったか、、、ニコル・キッドマン主演の南北戦争時代のアメリカの物語。
まっすぐな心の大工の若者が(恋人役)、主人公と出会い、心を交わす間もなく南軍の兵士として従軍。
激しい戦闘で仲間が死に、彼もひん死の重傷を負い、傷もいえないままに脱走兵となり、義勇軍と称する脱走兵を狩る民間人に追われ、徒歩遥かな道のりを恋人の元に帰る。そして、、、ラストシーン
本当は小説だったのでしょう。
悲劇の映画でしたが、映画では見終わった時、悲しいというより辛い。
本を読んだらどうだったのかな、、、
でも、きっと記憶に残るいい映画でした。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-13 07:40 | 加子母

小さなチェンバロ「トーク&ライブ」 中津川市

長い九州ツアーが迫ってきました。
でもその前に、、、、

9月11日(日)の午前中、中津川市の東美濃ふれあいセンターにて開催される 健康福祉まつり 会場にて

小さなチェンバロ「トーク&ライブ」

をやります。お近くの方はぜひ見にいらして下さい!
副題は「旅する音楽家の子育て日記」です、って、何を話そうかな、、、おたのしみ!

詳しくは市の広報 こちら をご覧ください。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-09 19:55 | 音楽

チェンバロ製作現状

製作中のイタリアンチェンバロですが、脚以外の木工作業はすべて終わりました。

ただ、ボイシングをしながらどうしても修正しておかなければいけない箇所を発見。
今はちょっと忙しくなって時間がないので、完成はしばらくお預けです。
9月半ばより始まる九州ツアーに持って行きたかったのですが、弾き込みをする時間が取れないことを考えると、今回は見送りという結論を得ました。 残念!!!

しかし、10月に予定している加子母でのお披露目には間に合わせたいと思います。
頑張りますよ!

9月はほとんど家で過ごす時間がありません。
加子母歌舞伎を半分見て、一日休み、今日からまた群馬へ出張レッスン。
自分もそうですが、車の方もよく頑張ってくれるなぁー。
毎年9月はほとんど家を空けている月です。
旅仕事ができるのは自分の生き甲斐です、あれこれ考えずに、出発です。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-06 06:22 | 音楽