<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

別府古楽祭へ

九州は連日の猛暑。
日本の気候は絶対に狂いだしている!  と思いながらもしっかり温泉通い。

さて、コンサートの方はまず、北九州市小倉のギャラリー「雛蔵」にて。
c0095185_12555959.jpg


途中で弾いた胡弓の音色に会場はしんと静まり返りました。(写真なし)
最後は全員で「竹田の子守唄」を大きな歌声で合唱。

翌日は別府で世話になっている兄貴的友人、小川伊作さんのコンサートのお手伝い。
佐賀関にある「関崎海星館」展望室での名月コンサート。
c0095185_1343232.jpg

月は残念ながら雲に隠れてしまいましたが、小川さんとオカリナの坪内さんお二人の演奏は、どちらの音色も美しく、心洗われました。小川さんの弾く「ビウエラ」というスペインの昔の楽器が、現代のオカリナの音色と驚くほどマッチしていて、新しい音楽の可能性を発見した思いでした。

そして、23日は今回の旅のメイン、「別府古楽祭」でした。
c0095185_134538.jpg


写真は今回初参加のリコーダーアンサンブルです。
響きのいい会場にリコーダーのおとは華やかに響いて、聴衆の大きな拍手を誘っていました。

私の旅も九州は今日24日が最後、竹田市でのコンサートです。
明日は夜のフェリーで再び大阪へ。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-24 13:09 | 音楽

別府温泉

c0095185_8511643.jpg


別府温泉にやってきました。
大阪南港から関西汽船のフェリー「サンフラワー」に乗って、朝10時半頃到着。舟が桟橋に着くまで船主付近の窓から操船の様子を観察。

別府では友人の小川伊作さんが、別府古楽祭を始めて8年になります。それにあわせて、昨年から他のコンサートも用意してもらって演奏旅行に来ています。
c0095185_8565051.jpg
別府は素晴らしい温泉地です。
到着初日より温泉めぐり。
まずは運転で疲れた神経と身体を休めに柴石温泉にて、ぬるめの露天風呂で長湯を堪能。
夜は小川さんの案内で、関サバを食べに。関サバはことしは魚体の小さいものしか上がらず、
原因不明の不漁なのだそうです。しかし、初めての関サバに感激。さらに、ちりめんの刺身なるものを発見、食す。珍味です。

2日目は去年にも気になっていた海岸沿いの別府海浜砂湯に行ってみました。
c0095185_972531.jpg

青空の下で温かい砂に埋もれて、じっと20分。
すごくいい気分。
c0095185_984991.jpg

周りは公園のように整備されていて、足湯もあり、遊歩道も整っています。

さて、温泉で疲れも癒され、いよいよコンサートの開始。

本日21日、小倉のギャラリー雛蔵にて、初日です。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-21 09:12 | 雑記

高柳(リュート奏者)の訪問

現在ドイツに音楽留学中の高柳義生君が一時帰国している。

今日は11月に結婚するというフィアンセを連れてぼくを訪ねてくれた。
彼のフィアンセには昨年のコンサートで大変お世話になったが、お会いするのはそれ以来。

11月の二人の結婚式で、乾杯の挨拶を頼まれた。

音楽家と結婚する彼女はえらいなぁ。。。

しばらくの間、音楽を生業にする難しさ、そのヒント、活動のし方、そんなことを話し合ったが、
あんな仕事こんな仕事と想像は膨らむのだが、日本という貧しい文化行政の中では、音楽家として生きて行くことは困難。彼の専門のリュート族という楽器の演奏ではなおさらだろう。

先輩として、まずはぼく自身がしっかり頑張らなくてはね!
彼もぼくの進む道を後ろから見ているわけだし。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-15 03:13 | 雑記

北欧の歌姫  Eivor Palsdottir

東京青山のライブハウスでコンサートがあるらしい北欧フェロー諸島出身の歌姫Eivor Palsdottir(アイヴォル ポルスドッティル)。

彼女にはこんな素敵な歌がある。

厳しい北極圏の自然に暮らす彼らの、本当の優しさと平和への想いが溢れてくる歌声。

ぜひ、聴いてみてください。 ここをクリック


東京のコンサートについてはこちら ここをクリック
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-11 10:19 | 音楽

足利「伊万里」ゆめの市

今月16日(日)から18日(火)の三日間、足利「伊万里」にてゆめの市が開催されます!!

このイベントにはぼく自身と、そして、コキリコ社が参加しています!!

内容を少しお知らせしましょう。

出店  * うさぎや                  古着物、和装小物
        * うさぎや工房            オリジナル洋服
        * うさぎや茶処            抹茶セット、和菓子
        * 足利「伊万里」          ゆめの市限定お弁当、和陶器、和箪笥
        * コロッケ・1               お惣菜販売
        * ゆめボックス            出展者13名コキリコ社も入ってるよ!

さて、私、渡辺敏晴は17日(月)に参加します。お昼頃より夕方まで、胡弓、ガンバ、チェンバロの演奏もする予定です。イベントで楽しく遊んで、買い物して、食べて、そしてこのライブが聴ける!! これはかなり出血大サービスですぅぅうう〜

私はこのイベントの翌日早朝に九州、京都、名古屋ツアー(2週間)に向けて出発します。
みなさん、どうか応援に来て、いえいえ、伊万里に遊びに来て下さいね! 

よろしくお願いしま〜す!!!
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-10 23:32 | お知らせ

「童貞。をプロデュース」の余韻

池袋、シネマ ロサ まで見に行った松江哲明監督「童貞。をプロデュース」
9月3日夜9時からのレイトショーだった。

それからなぜか映画の余韻が続いている。。。

この映画は前半が2年前に撮影された童貞1号加賀くん主演の部分。後半が昨年撮影された童貞2号梅澤くん主演の部分。この2つの間に、インテルメッツォ(間奏曲)のように銀杏BOYZの峰田くんが「穴奴隷」(作詞作曲加賀)を歌うシーンが挿入されている。

前半の童貞1号くんは「純愛」を理想とする元引きこもり青年。好きな女の子に告白する度胸を付けるため、なぜかAV撮影現場に連れて行かれる。そこで、ベテラン監督、カンパニー松尾さんと出会う。。。笑えるシーンの多い、不思議なキャラクター。そしてなぜか、胸にキュンと響いてくるものがある。

その童貞1号加賀くんが作った歌「穴奴隷」
これには感動した。
目がうるうるとするくらい、感動した。
このショッキングなタイトルからは想像もつかない美しく切ないラブソングだった。
映画の中でたった一度しか聴いていないのに、この歌も映像も頭から離れない。
深夜の中野サンモールの路上でギター一本で熱唱する銀杏BOYZの峰田くんの姿がとても印象的だった。いかにもストリートミュージシャン的な姿だった。

後半、童貞2号梅澤くんは仕事はゴミ焼却施設勤務、趣味は捨てられる古雑誌を集積所で漁っては丹念に、愛情を込め切り抜いてはブック作り。いわゆるはっきりオタク。その彼が憧れるかつての清純派美少女「島田奈美」。現役アイドルだった頃の彼女に恋いしているようだ。
映画では結局島田奈美には会えず、なぜか以前好きだったのに振られた女の子とデートすることに。。。梅澤君はゴミの山の中に、自分の心に繋がる「今」を漁り続けているようだ。

映画の中で不器用な童貞君たちは、想いを伝えたい人に会うために、意外な方向の人たちと出会っていく。そして、自分を揺すぶられながら、自分を大切に守りながら、人生の新しい窓のようなものをそっと押し開いている。そんな様子が、セルフドキュメント風な映像と出来事で紡ぎ出されていた。

後日、あるコミュニティーサイトでこの映画を見に行ったという日記を書いたら、
なぜかそこに、監督の松江さん、プロデューサーのXXさん、主演の梅澤くんらの足跡がついている。人生の何百万分の1の時間であっても、全く知らなかったもの同士がこの映画を通して触れあったということに、人の繋がりの不思議さと、楽しさと、可能性とを大いに感じた。

この映画のお陰で銀杏BOYZのことも知った。「穴奴隷」という歌の歌詞も全部教えてくれる人がいた。いつか自分でも口ずさんでみたい。もう一度、見に行くか!
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-06 09:53 | 雑記

池袋にレイトショウの映画を見に行く

あるライブハウスからの情報で、面白い映画をやっているとのこと。

題名は「童貞。をプロデュース」
池袋のシネマ ロサ 一館のみでの上映。
ネットで調べてみると、どうもドキュメンタリータッチのものらしい。
でも、そんな風に少し調べているうちに、20年以上昔の学生気分が蘇ってきた。

行ってみるか!
後3日で上映終了だし、いましかあらへん!(と言葉が乱れたくなる気分)
東京にいる娘に電話、「一緒に見る?」

ということで、夜9時から上映の「童貞。をプロデュース」を見に行った。
どんな映画だったかって?
そういうことを言葉で語るのは難しい。ぼくにはできない。
知りたいという方は
ここ
ここをクリックしてみて!

日本映画って、大手の配給ものはあんまり興味なかったけど、こういった単発の企画ものは意外に新鮮なものがあるんだなぁ、、、としみじみ実感。

そしてなぜか映画のテーマ曲?のように流れていた童貞一号君作詞作曲のうた、「穴奴隷」
がじっと聞いていると大変うつしい歌であることに気付く。問題のある歌詞と、一蹴してはいけない。この歌詞そのもの、純で、美しい表現になっているではないか。。。

残念ながら、東京での上映は本日9月4日で終了。台風は接近しているし、昨日3日にいってきて本当によかった。

大阪でも上映されるようです。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-04 22:40 | 雑記

全く眠れない

コキリコ社コンサート無事終了しました。
いいコンサートができたと思います。

そして帰宅して、全く眠れそうにありません。

何でぇ〜!1

と、、、普段は夜眠くてしょうがないのに。。。

今日のコンサートがよかったのは、自分の中にある余韻でもすごく確か!

でも、この不眠の感じは時々起るあれだな。。。

心の中に今日とは全く違う別の世界が滑り込んでくる、そんな感じなんだ。

椎名林檎の「アダルト」を繰り返し聞いている。
そして、口ずさんでいる。

あす、

自分は変わっているな、

何だか今の自分が

もう古い抜け殻みたいな気がする。

明日は弟の出演するミュージカルを見に行かなくては。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-02 02:45 | 雑記