<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

告知、アーリーミュージックin前橋、ほか

正式名称「アーリーミュージックの夏in前橋」 NO.11 をきたる8月18日(土)
群馬県前橋市群馬会館にて、開催いたします! 
もちろん、音楽祭ですから入場無料! 珈琲サービスなどもあります。
企画、制作等今年は特に全部自分一人でやってるので、petite つらいです。

出演者 順不同

今 卓也 バイオリン、 小川伊作 ビウエラ、 水戸茂雄 ルネサンス・リュート、
Toca,Toca(立野、鈴木、柏葉) 中世・ルネサンス音楽、
中川亜由美 チェンバロ、 渡辺かの子 ガンバ、 リコーダーアンサンブル(名称?)
平 夏穂 リコーダー、

出演の方は閉め切っております。
是非大勢の皆さんのご来場をお待ち申し上げます。

追伸 
私は18日の音楽祭の後、19日〜21日まで都留音楽祭に合流、伴奏者として参加する予定です。 いそがしい〜。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-31 00:36 | 音楽

「哀の調べ~風の盆の里より」を聴いて

若林美智子さんの演奏する胡弓のアルバムを聴いた。

若林さんは東京生まれということだが、風の盆で有名な八尾市で育ち、そこで胡弓名人として知られていた祖父から胡弓を学んだという。
いつだったか、NHKが特集した「風の盆」のドキュメンタリー番組でも若林さんの存在が一つの軸のようになって構成されていた。

アルバムのタイトルは「哀の調べ~風の盆の里より」

一曲目から「越中おわら節、胡弓独奏」。
確かに哀調を帯びた胡弓の音色だが、若林さんの音には滲み出てくるような力強さが嗅ぎ取れる。きっとその力強さは、名人といわれた祖父の演奏にもあって、胡弓という楽器が汲み上げる「風の盆」の心のようなものなのだろう。

さて、
実はぼくも、今日は胡弓を持って栃木県足利市へ出かけてくる。
足利市はぼくが高校時代と浪人中ののべ4年間を過ごした街。
史跡「足利学校」で有名だが、その近辺で芽生え始めたイベント、「着物の日」の応援として、着流し姿で胡弓を弾いてくる。

チェンバロ奏者として集中せずに何でも器用に弾く人だ、、、と思われているかもしれない。
楽器や演奏のテクニックは違っても、音楽家としてのぼくは少しも違わない。
音楽に触れあいたいという思いを運びに行くだけです。
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-29 09:31 | 音楽

8月コンサート予定の追加、ほか

8月、コンサート予定が追加されました。
出演者や日程決定で時間がかかりましたが、ようやく決まりましたのでお知らせいたします。
詳しくは コンサート情報、7、8月にアップしますので、覗いてみて下さい。コンサート情報、7、8月

毎年群馬県草津温泉で開催される草津音楽祭(8月17〜)にあわせ、地球屋草津店でも他にない古楽器を使った情緒溢れるコンサートを開催いたします。8月22日から26日までの5日間。イタリアンチェンバロとルネサンスハープによるコンサートです。日によって内容は異なりますので、詳しくは地球屋のホームページ
地球屋http://www.chikyuya.co.jp/index.htmlをご覧下さい。まだアップされていないと思いますが、、、
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-27 01:42 | お知らせ

祇園祭献茶式

22、23日と、京都の祇園祭最後の八坂神社献茶式にお呼ばれされて行ってきました。

まず22日は、京都の友人に誘われて、鵜飼を楽しみに。。。
当初は宇治川の予定だったが、つゆ空けきらぬ中、宇治川は増水で中止。
急遽、桂川に場所を移していざ舟に。

この風流の会は、着物にて集合! というわけで、私も慣れない着物姿。ただし帽子着用。どうも外出に帽子がないと落ち着かないのです。

川遊びで、舟には三味線の弾き語りをしてくれるお師匠さんまでいて、風雅な気分満点。なんと、私の好きな都々逸、小唄、端唄までたっぷり堪能させて頂きました。そんな幸福な心持ちのうちに日はかげり、いよいよ川中に漕ぎ出して鵜飼を待ちます。
c0095185_22502490.jpg
c0095185_2251226.jpg 本当に思い出に残る一夜となりました。舟上で頂いたお酒もおいしく、注ぎつ注がれつ。。。


翌23日の献茶式やお茶会の模様は写真を撮っていないので、簡単に。。。

わたしを誘って下さったのは小川流煎茶の元楽師匠。
特に夏の祇園祭の茶会では「冷淹手前」。
冷たいお煎茶でした。
小川流はお茶の味を極限まで追求していて、その茶味を味わうことが中心。
ごくごく喉に落ちるような煎れ方はしません。
小さな煎茶椀にわずかの雫を注ぎます。
それでもそのわずかな液体の香り、味わいは、これがお茶なのか?と唸らせずにはおかない激しく強いものがあるのです。

お煎茶の世界はやはり深遠、そして、風のようにさわやかでした。
皆さんもぜひ、お煎茶の体験をしてみて下さい。
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-24 23:04 | 雑記

宮城のチェンバロ製作家木村さんを訪問

先日、18、19日、宮城県のチェンバロ製作家、木村雅雄さんを一年ぶりに訪問した。

現在ぼくの生徒さんが、フレンチダブルの楽器を注文しており、その製作真っ最中。
そんな関係が取り持つ縁で、はるばる酒を酌み交わしに350キロのドライブ!!

c0095185_23104648.jpg


木村さんの工房で演奏できるチェンバロは現在イタリアンチェンバロ一台。
酒盛りの前にたっぷり2時間弱弾きっ放しで、楽器との対話。楽器が自分に応えてくれるようになるまでには、やはりこのくらいの時間をかけるのがよい。ルネサンス、バロックからいろいろなレパートリーを弾いてみるが、結局、フレンチで落ち着く。もうこれは、超個人的な問題です。

c0095185_23121621.jpg


夜は地元のどぶろく名人の手になる銘酒でぐいぐいと。。。

翌朝もまだ酩酊。。。

なんとか起きてチェンバロを弾き出すと、再び体中にアルコールが循環して行くのがわかる!
一曲弾き終わる度に、ああ、酔っぱらって来た、な感じでした。

次は8月の都留音楽祭での再会を楽しみに、さよならして参りました。

帰路は自衛隊の車列、中越沖地震災害救援隊、との横断幕をボディーに巻いた何台ものトラックや作業車と遭遇。被災者の皆さん、どうか不自由や不安を辛抱して生活再建に向けて頑張って下さい。選挙を通じて応援します!!

長いドライブの車中、ずっと、椎名林檎の歌に励まされ、癒されておりました。中でも今一番のお気に入りは『化粧直し』。。。コキリコ社『First Album』と同じくらいに、いい!!
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-21 23:13 | 雑記

着物の日でパフォーマンス

足利市の鑁阿寺前、石畳の商店街で着物の日が始まります。

古い町並みにはやはり、着物が合いますよね、男も女も。。。

ところが、今の生活で普段着物を来て出かけられるところというのは本当に少ないです。

一年中、昼も夜も、あの人に会う時もこの人に会う時も、ジーンズにラフなシャツという人、多くありませんか?
実はぼく自身がそうでした。あえてジーンズで通そうとしていました。
なぜって、それが自分を通す生き方を主張していると思ったいたから、、、

でも、今はもう違いますよ!!

年を取ったというか、大人度が増してきたというか、やっぱりジーンズでは本当のオシャレではないと思い始めたのです。

ところで、着物の日、というイベント、古都足利の鑁阿寺 と足利学校を結ぶ石畳散歩道にある古布とリサイクル着物のお店うさぎ屋さんの発案です。これには、実はぼくもちょっと参加してます。。。

覚えるのは簡単、毎週日曜日は着物の日なんです。この日着物を来ている方なら、誰でもうさぎ屋さんの人気の「お抹茶サービス」が無料です。(お替わりは、わからんなぁ)
ぼくも時々、その辺りでというか、うさぎ屋さん店内を御借りして、胡弓やガンバなどの音楽パフォーマンスをやらせて頂くことになっています。

みなさん、日曜日なら午後時々、コキリコ社代表のぼくの演奏が通りすがりに聴けますよ!! タダですから!!
まあ、そこを強調する必要はないのですが、なんていっても生で聴ける機会のほとんどない楽器を目の前で聴けるわけですから、遠回りしても遊びに来てみる価値はありますよ!

では、さっそく次の演奏は7月29日です。
ぜひいらしてみて下さい、そして、コキリコ社の音楽を聴いてみて下さい。
必ずや、お気に召しますよ♪
c0095185_232224100.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2007-07-20 23:22 | お知らせ

旅館「ふくぜん」のコンサート

「ふくぜん」という旅館は、伊香保温泉の温泉街の入り口近くにある6階建ての大きな建物。

実は群馬に住んでいながら、一度も伊香保温泉に投宿したことがない。
もちろん、温泉にも浸かっていない。

先日の7月14日
「ふくぜん」の営業の笛木さんから頼まれていたサロンコンサートをさせていただいた。

旅館ででチェンバロを演奏するのは、実は何年も前から、草津にほど近い川原湯温泉の高田屋旅館で経験している。そこは、今回の「ふくぜん」に比べればずっと小さな温泉旅館だが、昭和初期の文人も逗留した、雰囲気のいいお宿。その純然たる古き日本の空間でチェンバロを演奏する雰囲気はとても気に入っている。

「ふくぜん」には広いロビーや、サロンとして改装された展望室があり、今回はその両方でチェンバロを演奏して来た。

c0095185_115236.jpg


ロビーは当然お客さまの出入りするところ、しかし、ゆったりしたソファーや籐椅子に深々と身体を預けて、珍しいチェンバロという楽器の音色と私のお話に皆さんが静かに聴き入ってくれた。

夜のサロンのコンサートはお泊まりのお客さまへのサービスなので、浴衣姿の皆さんが集まった。そこで、たっぷり一時間、ヨーロッパ各国の音楽に日本の民謡も一つ弾き語りなどして、チェンバロコンサートを堪能してもらうことができた。

旅館のお接待も心のこもったもので、人のご縁と心遣いに感謝の思いで満たされる。
温泉、お湯の湯治ももちろんだが、こころの湯治もしっかり残っていて、
伊香保という日本の名湯の実力を感じる一夜だった。
c0095185_1152412.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2007-07-17 11:53 | 音楽

ぼやき、、、

久しぶりに
インターネット・ラジオでバロック音楽を聴いていた。

普段はあえてルネサンスも、バロック音楽も、クラシックもほとんど聴かない。
反面よく聴いているのは江戸の音楽、椎名林檎、静かなジャズ etc.

チェンバロの演奏で、フランス音楽になると突然理解しにくい演奏が増える。
主に、テンポ。

アルマンドにはアルマンドのテンポがある。
クーラントにはクーラントに必要は速さが、
ガボットにはガボットに必要なリズムと速さが、
シャコンヌには通常のテンポとゆっくりしたもの、そして絶対に必要なのりが、
パッサカリアには絶対に必要なのりと、独特の強拍のずれが活かされる速さが、

演奏家それぞれだといえば、それまでだけど、今日も聴いていて、絶対に踊れないテンポ、のりのない演奏が流れてくる。
速すぎるアルマンド。ゆっくり過ぎるガボット、パッサカリア。のりの弱いシャコンヌ等々。
アンサンブルの演奏でも時々そういうものを聴くが、チェンバロの独奏曲では特に多くなる。

何か違ってるなぁ、、、
困ったなぁ、、、
そう思うこの頃。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-14 00:58 | 音楽

次なるCD製作

今秋より、自分のチェンバロ演奏のCD製作に取り組もうと考えている。

今年出したCDは、自分が主宰する古楽器バンド「コキリコ社」のものだった。

最初に出したCD作品が、自分の本来の専門チェンバロでなくて、アンサンブルであり、自分自身のアレンジ、作曲ではあっても、演奏ではまったくチェンバロを使わずヴィオラ・ダ・ガンバのみを弾くというものだったのには、それなりに大切なわけがあった。

私のチェンバロコンサートはおそらく他の誰とも違ったステージを目指していると思う。ルネサンスやバロック音楽をプロラムの中心にしているのだが、素晴らしい作品を演奏しじっくり聞いて頂くというよりは、同じ会場に集った皆さんを耳から楽しませ、和ませ、緩ませ、かつたっぷり乾いたり湿って頂けるように心を砕いている。私の音楽はこれを聞いてみようと集まって下さった皆さんに奉仕するためにある。

ではそれをCDにしてみたいと思っても、どんな構成? どんなプログラム? どんなマスタリング?  頭が痛くなる、 なにしろそういうチェンバロの演奏の録音はないのだから、、、

そこで、前段の準備として、もっと明確に楽しめる音楽、心にしみる音楽を目指している「コキリコ社」の録音を先に行った。有り難いことに、評判はすこぶるいい。(感謝!)

さて、そろそろ本業のチェンバロの録音に取りかかる。
けっして、リサイタル調のアカデミックなCD作りはしない。
ではどんなモデルを目指すの? 
そこがむずかしい!! 
ただ、普段ライブでやっている自分の「小さなチェンバロ・コンサート」のような臨場感を取り入れる工夫をしたいと考えている。

c0095185_0141870.jpg


さて、ここまでは硬い文章で自分の意欲を表明してみました。

ところでどんな音楽表現を??

それはまだ秘密、、、
というか、これから実験していきます。

コンサート案内にはのせていませんが、8月には草津温泉で何日かライブ演奏をします。
まず聞くことの少ないめずらしい、素敵なコンサートを目指しています。
とにかく期待して下さい。
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-11 00:16 | アート

コンサート情報7、8月

猛暑が予想される今夏、7、8月のコンサート情報です。
イベントとして、直前に決まるものもあるようです。

7月7日(土) 小さなチェンバロコンサート 「七夕の宵、日本画のあるお部屋で」
群馬県大泉町、木元さん宅  チケット2000円 開演19時
お問い合わせ 0276ー62ー2260

7月14日(土)、8月4日(土)、14日(土) 伊香保温泉「ふくぜん」コンサート20時より、17時半頃よりプレコンあり
「ふくぜん」のコンサートは7、8月の土曜日のイベントです、詳しくは旅館「ふくぜん」までお問い合わせ下さい。0279ー72ー2123
   http://www.fukuzen.com
   ikahoonsen@fukuzen.com 


8月18日(土) 第11回アーリーミュージックの夏in前橋
毎年恒例のミニ音楽祭です。県内外から古楽器演奏家や歌手が集ってバラエティーに富んだコンサートを演出します。
会場 群馬会館1F 大広間    入場無料   13時半開演 
お問い合わせ、027-326-1052 渡辺まで
メール office@kokirikosha.com

地球屋草津店コンサート
8月22日〜26日まで
チェンバロ 渡辺敏晴、ルネサンスハープ 真野めぐみ
期間中お昼から夕方までミニコンサートを1時間おきに演奏いたします。
内容はたぶん日替わりです。ハープは25、26日の2日間のみ。
入場無料。詳しくは地球屋まで
[PR]
by toshimusikk | 2007-07-05 08:50 | お知らせ