<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

江戸の文人音楽ー坂田進一の世界ー

しばらく前から何度も何度も繰り返し聞いている一枚のCDがある。
坂田進一の世界/江戸の文人音楽ー付録、江戸の三曲合奏
たぶん一般には流通していないCDだと思う。
これは私の先生、坂田進一氏が琴曲、箏曲、地歌、清楽とうの独奏曲や合奏曲を全てお一人の演奏で多重録音等を駆使して世に送り出したCDである。
全12曲。録音はドイツのクルト・ザクッス・ホールと日本の文学座録音室の2か所で行われている。ほとんどはドイツで録音されたものを再構成しているようだが、なぜそうしたかについては、ここでは語らない(知ってはいるが)。

この名演は江戸の音楽、特に劇場音楽ではない、武士の集まりや文人と呼ばれた人々、つまり書家や画家、茶人、俳人、僧侶などが愛した音楽に光を当てている。

合奏であってもすべて一人で演奏しているのだから、そこにはある意味不自然さはあるが、反面、音楽表現の横振れは少なくかなりはっきりと美意識が現れていて、充実した録音だと言える。

そしてこのCDにいま自分はかなりはまってしまった。とにかく聴いていて飽きないどころか、いよいよ深みにはまって行く感じ。このマイブームは当分続きそうだ。

じつは私自身も古楽器に関してはマルチプレーヤーで、一人で何種類もの楽器を演奏している。だから多重録音を使えばソロの曲も伴奏付きのものも、トリオも、一人の演奏でやれないことはない。もっともその気を起こしたこともないのだが、坂田先生はまさにそれを成し遂げてしまった。そうそう、箏曲や地歌では歌も歌っている。私も最近の自分のコンサートでは楽器演奏だけでなく、弾き語り風に歌も入れている。それは、一番素朴な音楽の根本は人が歌うことにあると思うからだ。声が悪いとか、歌が下手とかであっさり歌うことを諦めていたのでは、真の音楽家とは言えないのではないかという気持ちの現れ。

古楽と言うと、まるで西洋の古い時代の音楽だけを指すように思いがちだが、実際には日本や中国その他のアジアの国にも、古楽は立派に存在し演奏されている。ヨーロッパの楽器を勉強しているものが無視している世界、しかし、じつは恐ろしく深く豊かなアジアの古楽の世界がある。もちろん日本の古楽も本当にいい。

あえて邦楽とは言わない。邦楽にはもはや伝統を捨て、たとえばピアノの音階や表現法と同調したもの、形だけ日本の楽器で邦楽の音を使っているが、そのくせ中身や精神性はすっかりアメリカナイズされてしまったものが耳に付く。あまりに安っぽい変化で、残念に思う。

さて、
坂田進一の世界/江戸の文人音楽ー付録、江戸の三曲合奏、このCDに興味のある方は連絡を下されば購入方法などはお教えいたします。

グローバル化の悪影響で、伝統音楽の世界でも真に日本的な個性が消えつつあるのが不安です。

世界は一つではない。文化は一つではない。それらは無限でなければいけないのです。
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-30 00:14 | 音楽

アーリーミュージックの夏in前橋、予告

ああ、今年もとうとうアーリーミュージックの夏in前橋に向かって動き出さねばならなくなってきた。自分に鞭打たねば、、、

もう10年続けたミニ音楽祭、今年が11回目。この一の位が0から1になったということは、さらに0がつくまで頑張らねばならないということなのでしょうか?。。。自信が薄らぎますが。。。

今年の会場は昨年に続き、群馬県前橋市の群馬会館です。スペース的にやや問題はあるものの、大きなホールではとてもできないし、会場で飲食可となると他にはありません。またまた珈琲サービスや個人の出店などあると期待しております。準備に人でもいるんです。お手伝い今から募集いたします。

さて、演奏者の方にもお声がけをしなければ、、、出演して頂く皆さんがいい思い出になるような音楽祭にしたいです。毎年新人とか目玉グループとか一応考えてお声掛けしておりますが、今年はコスプレバンド募集なんて如何でしょうか!! あるいは、間違いだらけのバロック音楽なんてのも、、、意味わかりますか?  毎年皆さんあんまり真面目なんで、11回と1の並ぶ今回はオチャラケ派もありではありませんか? 自分でやってしまおうかなどと恐れも知らぬ思いつき!! どなたか乗ってくださいまし〜!

とはいえ、中身はまだ白紙です。皆さんのご協力、ご指導、メイ演奏、今年もよろしくお願い申し上げます。                              敬白
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-26 08:19 | お知らせ

酒蔵でのコンサート

26日(土)の晩に、群馬県太田市新田木崎町の山崎酒造・酒蔵にて、イタリアンチェンバロを使った「小さなチェンバロのコンサート」をやります。

山崎酒造さんは近郊では老舗の造り酒屋さんで、酒造りへの情熱はかなり熱いものがあります。その敷地にある一番小さな建物、酒蔵。ここを数年前にすっかりきれいにして、古い時代の資料などを展示してありますが、2階は木の床の広間になっていて、私はここでチェンバロを演奏するのが好きです。

小さな広間で、音響のことなど何も工夫されている訳ではないのですが、とにかく楽器の音が美しく響くのです。チェンバロだけがそうなのか、どんな楽器でも美しい音が紡ぎ出されるのか、はっきりわかりませんが、とにかくチェンバロの音は美しく響きます。

とはいえ、この広間は小さく、コンサートの定員は約20名くらい。みんな座布団に座って聴いて頂きます。その雰囲気がまたいいのです。その辺の壁や柱に背中を凭れかけてくつろいで聴いて頂きます。外からの騒音も入ります。主に自然の音ですが、そういうのも悪くありません。

少ない集まりの中で、お客さま同士もしきりがなくて時間とともに打ち解けて行くように思います。贅沢なひとときです。生の音楽会の醍醐味ですね。

今週土曜日、26日、夜7時からの演奏です。入場料2000円、当日会場でお求め下さい。
駐車場はたっぷり。ご興味のある方はぜひ聴きにいらしてみて下さい。
チェンバロだけでなく、今回はCD録音で演奏した弦楽器もご披露したいと考えています。

お問い合わせなどは山崎酒造 TEl. 0276-56-1241まで

お待ちしております。 渡辺
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-24 10:55 | 音楽

陶豆屋サロンコンサート

c0095185_23505564.jpg

5月19日、高崎市石原町の陶豆屋さんで、約2年ぶりのサロンコンサートをやりました。
何しろ前回から間が空いてしまったので、どんなお客さまが来て下さるか楽しみでもあり、心配でもあり。。
当日午後、楽器を搬入していると、買い物途中のご夫人と音楽の話になり幸いにも夜7時からのコンサートに来場を予約してくれました。

陶豆屋というお店は、今私の家から歩いて5分ほどのごく近所です。店の名のとおり、陶芸物とコーヒー豆の専門店でしたが、最近はさらにロンネフェルト紅茶の代理店となり、品揃えに幅と深さが増してきました。服飾や雑貨のコーナーも個性的で楽しめます。

陶器のカップや皿などが並んだ棚を背景にして楽器を置きました。チェンバロの響きと器とのアンサンブルが楽しめそうです。

当初見込みの倍のお客さまがいらして下さり(といっても30名弱ですが)、プログラムが足らない事態に。。。懐かしいお客さまと再会もできてうれしい、楽しいひととき。
先日草津で知り合った女の子(武藤ゆうこ?ちゃん)もお母さまとおばあさまとご一緒に来場、すごく嬉しかったです。一緒に写真を撮ろうねといったのに、うっかり忘れてしまいました。ごめんなさい、でもまたきっとお会いしましょうね! そしたら一緒に写真を撮りましょ。

陶豆屋の鈴木ご夫妻、東京から駆け付けてくれた友人の大矢さん、そしてサロンコンサートの本当の主役、ご来場下さったお客さま、本当にありがとうございました。
またぜひ、次回陶豆屋コンサートでお会いしましょう。
c0095185_23515422.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2007-05-20 23:52 | 音楽

アーリーミュージックの夏in前橋

今年のアーリーミュージックの夏in前橋はいよいよ第11回目です。
こういうイベントは区切りのいい数をやったとはいえ、そこで終わることができないのが主催者としてはやや溜め息もの。。いつまで続くかなぁ。。。

その「アーリーミュージックの夏in前橋」

8月18日(土)
会場、群馬会館(前橋)

と決定いたしました。

さてさて、せっせと準備に取りかからなくては。。。
今年はどんな新人が演奏に来てくれるか、楽しみでもあり、古参の顔ぶればかりになるような予感もし、一筋縄ではいかない。
広告集めも自分の引っ越しによってかなりこれまでと違ってしまうだろう。この資金集めがもっとも骨の折れる仕事、広告というからにはしっかりデザインして、プログラム原稿を手作りして印刷、製本しなければならない。10年来この苦労を続けてきたんだなぁ、、、感慨深し。
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-18 23:47 | 雑記

サロンコンサートは楽しい

前橋市のカルチャーサロン「ブルーローズ」にて2日間に渡るサロンコンサートをやらせていただきました。

時間帯は平日午前中!

要するに家庭で子育てをしている女性は、午後以降は子どもの世話、家事等、自由になる時間が限られるという現実に対応して、子どもも旦那さんも出かけて、ようやく一人で自由に使える時間のお昼前後にサロンコンサートを設定。

主催の堀井さんもお子さまは小学生。お昼前からのサロンコンサートでもないとゆっくり音楽を楽しんだり、お友達を自宅によんでよもやま話に時間を忘れることなどできないのです。

演奏する側にすると、午前中の演奏会はややプレッシャー。。

やはり早起きは苦手です。
起きられないのではなく、過剰に早く起きてしまうのです。
今回も目覚ましは7時半にセットしているのに、なぜか5時に目が覚めてしまう、、(泣)
普段なら絶対に8時くらいまでは目も覚まさないのに。。。

それはそうと、コンサートとしては演奏する自分も楽しみながら、いい雰囲気で本格的バロックオペラまで楽しんでもらえるものになったと思います。

何といっても、ショートオクターブのイタリアンチェンバロ一台で一時間をたっぷり聴いて頂くわけですから、レパートリーの豊富さも大事ですが、トークはなお重要な要になります。
何を話そうかなんて考えて用意してしまったら、それこそ台無しです。
音楽もトークも、次の瞬間がわからない今を、一緒に楽しむことがその醍醐味の一つですからね。

主催の「ブルーローズ」堀井みゆき様、私の数少ないチェンバロの生徒、設楽真希さん、いつも応援して下さる若月様、その他大勢のお客さま、、本当にありがとうございました。
ぜひまた、違うコンサート会場でお会いしたいと思います。どんどんライブにお出かけ下さい。
私のコンサートも要チェック!! でお願いいたします。
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-17 01:19 | 音楽

演奏家でよかったと思うこと

ちょうど連休を挟んだ今時分は、例年コンサートの仕事が増える時でもある。
演奏家として暮らしていくためには大変ありがたいシーズンだけど、何となく日常生活が落ち着かないという面もある。

別段、気負って取り組まなければならない、コンサートを増やさずに、普段のままに演奏できるライブのような機会を増やせばいいと思うのだが、、クラシック畑で活動しているとなかなかそういうわけにはいかない。演奏する方も聴く方も何となく、どこかかしこまってしまうところがある。

ところで、最近の自分のコンサートは明らかに以前のものとスタイルが変わってきた。

どんなことが変わってきたのかというと、自分が演奏する時、自分が今生でなぜ演奏家という立場で皆さんと接しているのか、そのことのお互いの理解を深めたいと思うようになったこと。。

難しい言い方をしているようだけど、単にいい演奏を聴いてもらいたい、そのために日々研鑽を積んで、、という考え方は少し遠くに離れてきている。
もちろん、お金を頂いて演奏するのだから、その中身はしっかりしたものでなければいけない。ただ、いい演奏ができればそれでいいのか? というとそれだけではやはり物足りないのである。

自分の場合、弾いたり、語ったり、歌ったりするのだが、その選曲も古楽の範疇には収まりきらない。古楽が中心にあるというスタンスは崩せないが、その周りの音楽にも垣根を作らず、時代や地域の違いなく、私の好きな音楽を単なる個人趣味を越えて自分の表現として取り入れていきたいと努力している。

そんなことを考え、実践しているから、自分の音楽活動は近頃はやりのピリオド・ミュージックや伝統的な古楽の在り方と離れてきてしまっているようだ。

自分の中にいつも音楽への新鮮な喜びや驚き、メッセージを感じるからこそ、演奏家という現在の自分の立場はありがたい。全くいい職業にたどり着けたものだと、嬉しく、楽しく音楽と共に生きている。。。

皆様に、感謝!!
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-13 00:50 | 音楽

誰のため?

誰のために音楽をしているのですか?

誰のためにチェンバロを演奏するのですか?

大分前、自分の門下生の一人から酔った勢いでしつこく聞かれたことがあった。
その時はしばらく考えて、
「結局は自分のためかもしれないなぁ」
そう答える以外になかった。

コンサートというのは形としては演奏家はお客さまに聴いてもらうために演奏している。形としてはそうだが。。。

でも、本当は誰のための音楽活動なんだろう?

自分のためなのだろうか?

「あなたの心に響く」音楽、、、といえばかっこいいけど。。。

とはいえ、未だに応えの見つからない問い掛けのようだ。
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-09 00:19 | 音楽

5月3、4日は草津へ

連休中3、4日の両日は草津でイベントライブ。
急に決まったことなので、一週間くらい前に決定、すぐさま宿泊できるところを探してみたが、すでに手遅れで全く空きがない。
連休中の草津の人でのすごさを聞くと、車での移動なんて全くできそうにない。
楽器を先に運んでしまって、当日は身体一つ、電車とバスで草津入りの予定。2時間半くらいかな。

朝早起きというのはなかなかプレッシャーだ。2、3日前から身体のリズムを早起きにシフトさせている。でも慣れない。

きのうのFMぐんまに長谷川きよしが出演していた。
最近、椎名林檎と巡り会って、音楽でも熱く深くリンクしているようだ。
同じ椎名林檎ファンとして長谷川さんの感じているものがとてもよくわかるような気がする。
明日3日、前橋市主催、長谷川きよしのコンサートが同市の国際交流ひろばである。
なんであそこで??
昨年まで住んでいた前橋。国際交流ひろばって、ベニヤとコンパネで作った小さなイベントスペースだ。せっかく長谷川さんコンサートをやるのなら、もっと彼の音楽が多くの人に聞いてもらえるような工夫がなかったのかなぁ。。
仕事でなければ聴きに行きたいコンサート。

長谷川きよしの生き方にも共感を覚える。
音楽で生きるということを彼は優しい言葉で教えてくれている。
彼が群馬に移り住んで18年だろうか。
椎名林檎に聴いたものと同じものが長谷川きよしにも脈々とあって、それに引き付けられているファンは多いだろう。
彼がまた注目されるようになって、他人のこととは思えずに、うれしい。
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-02 14:06 | 音楽

コンサート情報2007 5、6月

5月3、4日(憲法記念日、みどりの日) 草津温泉「地球屋・チェンバロライブ」
ショートオクターブのイタリアンチェンバロを使ったライブです。お昼頃から午後4時くらいまで、30分おきに3〜4ステージ演奏します。曲目等未定。お問い合わせ、地球屋

5月14、15日(月、火)ブルーローズ・サロンコンサート
前橋市下小出町のサロン「ブルーローズ」にて2日間続けてのコンサート。演奏は午前11時から、午前中。チェンバロのコンサートは初めてという方でも楽しめる、また、少し学べるサロンコンサートです。
お問い合わせ、堀井027-350-0260

5月19日(土)陶豆屋・珈琲、紅茶サロンコンサート
開演19時。高崎市石原町の「陶豆屋」にて、小さなチェンバロのコンサート。珈琲や紅茶の物語など織りまぜながら、音楽で世界を旅してみませんか。
チケット2000円。
お問い合わせ陶豆屋027-327-4151

5月23日(水)スピネット講習会&コンサート
会場「雪草楽器 前橋店」  午前11時スタート予定。スピネットとはチェンバロを小さくオシャレな形にした一見家具調の楽器です。手ごろな大きさで場所を取らず、大変実用的なチェンバロです。資料代500円
詳細は雪草楽器027-220-1888

5月26日(土)山崎酒造・酒蔵のコンサート
恒例の酒蔵コンサートです。蔵での演奏は音が美しく響き、大好きです。
開演19時。チケット2000円。小さなチェンバロのコンサートです。
お問い合わせ山崎酒造0276-56-1241

6月9日(土) 古河文学館コンサート
小さなイタリアンチェンバロのコンサートです。文学館にふさわしく、童謡を取り入れたコンサートにするつもりです。開演19時。チケット2000円。当日会場にてお求め下さい。
お問い合わせ office@kokirikosha.com 027-326-1052 渡辺

6月16日(土) コキリコ社コンサートin秩父
CD好評発売中のコキリコ社のコンサートです。定番のメニューに加えて新曲も披露します。たくさんの温かいメッセージを携えて、心のほぐれるゆったりとしたライブをお届けします。
会場;上町街かどギャラリー  開演19時。 チケット2000円(秩父市内各楽器店ほか当日会場にて)
お問い合わせ0494-24-6602 大滝  又は office@kokirikosha.com 渡辺

6月24日(日)長唄「英舟會」コンサートに出演。
詳細後日

6月29日(金) 東京大田区「西村計雄アトリエ」コンサート
ヴィオラ・ダ・ガンバでの出演。バイオリン、ヴァージナル、ガンバでのソロとアンサンブル。
詳細後日
[PR]
by toshimusikk | 2007-05-01 10:21 | お知らせ