<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コンサート「オルガンの散歩」in八王子

c0095185_12243764.jpg


3月27日の八王子市のチャペルグランドヴィクトリアを会場にすでに12回も開催されている「オルガンの散歩」と名付けられたコンサートに出演した。
残念ながらその様子を撮影していないので画像はないが、ご来場下さった大勢のお客さまは多くがリピーターのようで、このコンサートがしっかり八王子という町に定着していることがよく分かった。
主催者は、八王子在住のクラヴィコード製作家、山野辺暁彦さんである。
彼のすごいところは、このコンサートをずうっと入場無料で続けていること!!
お話ししてみたら、会場費も正規に支払っているし、他にも、通信費、印刷費等出費は意外に多い。会場におかれた寄付を募るかごに、聴衆は志ばかりを入れている。それだけでは多くが赤字だと思う。
演奏者も充実している。若手を中心に、ヨーロッパで勉強してきた者、コンクールで受賞歴のある者、さらには向学心旺盛なアマチュア(将来のプロ候補)osv.
私はツアーの最後で会場にポジティーフオルガンを運びに前日から八王子入り。
はるばる九州から訪ねて来て下さった小川伊作氏と山野辺邸で合流。そのまま居酒屋モードに突入してしまった。

このコンサートは本プログラムの他に、プレコン、休憩時の子供の演奏など、他にない楽しみもある。
中でも、プレコンのレベルと幅はかなりのもの、通常のコンサートではなかなか聴けないようなアンサンブルの作品が、ここではさらっと、何の気負いもなく楽しく演奏されてしまう。プロではこうはできない。。反省、、

約2時間のコンサートは出演者も多く、いちいちここで名前をあげないが、小さな音楽会を手作りで運営し続けて行くお手本のようなコンサート、興味のある方、地方でも同じような試みを考えている方がたはぜひ参考にされるといいと思った。お手伝いの皆さんも山野辺さんの姿勢に惹かれて毎回心を尽くして協力して下さっているとのこと、休憩の時の御菓子などは全て手作り、終演後には関係者のために、おにぎりまで用意して下さっていた。そういった心遣い一つにも、このコンサートが続いている秘けつを見たように思った。

写真の楽器は山野辺さんが南アフリカの楽器制作者Selwey Robson氏から購入し、現在レンタル用として貸し出ししているものをお預かりしてきた「スピネット」、小さな居間用のチェンバロ。姿形はかわいらしく、美しく、そして本当に邪魔にならない不思議さ。
しばらく私のところで活用させて頂いて、その間に次の使用希望者を募集中。
ピッチも415~440をシフトできるし、なにより軽量コンパクト、一人力でどこにでもさっと移動できるという優れもの。
c0095185_12552127.jpg


お問い合わせは私か山野辺さんに直接どうぞ。

私宛メールアドレス office@kokirikosha.com
山野辺さん電話 0426ー35ー3784
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-29 12:57 | 音楽

演奏旅行

演奏旅行といえば聞こえはいいですが、あちこちの小さなイベントやコンサートに呼ばれて出かけてきます。
住宅展示場で、木のぬくもりの部屋で演奏するイタリアンチェンバロとか、イースターの礼拝の教会で、持参していくポジティーフオルガンとバイオリンによる、バッハのコラールのコンサートとか、結婚式用に移築されたイギリスの古い教会でのコンサートとか。。。

チラシのpdfとかあるけれど、どうやって貼付けるのかよくわからないので、今回は残念だけどパス。

明日出発して、28日未明に帰ります。3泊4日+半。
コンサートも延べ4つ。
でょっと、しんどいかな。。。

そう、一晩座禅の会に参加できそう、、
ご住職とゆっくり話し込むのは楽しみ。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-24 00:22 | 音楽

思い出と明日へのおそれ

昨晩はレストランでのディナーコンサート。
朝から道路が渋滞して、普段1時間の道のりが倍の2時間。
田舎町でなぜこんな自然渋滞があるのだか。。。レストランサンタムール。過去食事をしに2回訪ねた場所、きょうは、コンサート用のジャーマンチェンバロを持参している。

2階の会場まで楽器を何度も縦にして持ち上げ、ようやくセッティング完了。時間が当初の予定より相当無くなっている。ちょっとだけ鍵盤に触れるが、調律もせずに駅に向かった。遠来の友を迎えに、、、そして、近頃味わうことのなかった不思議な感覚の時間を過ごすことになった。

思い出は素晴らしい出会いの連続だった。
遠来の友が運んできた清風は、ぼくだけでなく、一緒に茶を喫した6名の言葉を奪うものだった。感激はその後、実感として身体の中をさわやかに駆け抜ける。
思いはそれぞれに違うけれど、「一味同心」の思いに通じた。

数日後に控えた教会でのバッハのコラールコンサート、牧師様より何度か熱い期待のメールが届く。参堂して下さる信者の皆さんの気持ちの高ぶりが報告されてくる。
一曲々々は短いコラールではあるが、曲数が増えるとかなり手強い、恐ろしいプログラム。。。次の日曜がそのコンサートなのに、それまでにさらに別の2つのコンサートが入っている。

教会で演奏するのはポジティーフオルガン(移動式の小パイプオルガン)。今まだしっかりと弾けていないけど、音楽についてはイメージできた。バッハでなかったら、きっととっくに仕上げ段階まで出来ているはずだった。

明日からのハードスケジュール、、、甘美な恐ろしさのようだ。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-20 23:54 | 音楽

カンタービレ つづき

リズムとカンタービレの問題です。

いろいろな方の演奏を聴いて、何か違うな、と、うまく言葉にできない違和感を感じることがあります。たいていそんな時は、リズムに問題があるような気がします。
リズムというより、正確には拍節法なのかもしれません。

「リズムの解放点」というのをご存じですか?

例えば拍子には様々な種類がありますが、それぞれリズムの解放点が大きく異なっています。
解放点とは緊張の次ぎにくる解放、ある拍子の中で最も緊張の緩んだ拍のことです。
ヨーロッパ音楽のリズム感でいうと、多くは一拍目、シャコンヌやサラバンドでは2拍目あたりが一般的なところでしょうか。

解放点は緊張が緩むとはいへ、エネルギーがなくなって動きが鈍くなる場所ではありません。ここが一番知られていないことだと思いますが、リズムの解放点はエネルギーの解放点でもあるのです。
つまり、緊張で貯えられていた音の(リズムの)運動エネルギーが一気に放出される拍でもあります。言い換えれば、走らんばかりの勢いで動き出すところでもあるのです。

バロック音楽のようなもとが舞曲の音楽を演奏する時は、特にそのリズムのダイナミクスが重要となります。各舞曲独特のノリというのはこのダイナミクスの表現に他なりません。
言葉で説明するのは超難しい!!
とにかくリズムの解放点はエネルギーの解放点であること、そして、このダイナミクスが身体の動きや呼吸のダイナミクスと一致しはじめると、タクトを数えるような音楽から、タクトはあるが流れるような運動の中で割り切れない「ノリ」を感じる音楽に変化します。
ぜひ体験して欲しいことです。演奏が変わります。楽しくなります。

どうしても知りたいけどわからない、という方は、一度私のレッスンかアドバイスを受けてみることもお勧めです。プロフィールのメールアドレスまでコンタクトを取ってみて下さい。
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-17 12:10 | 音楽

巻機山の向こう

群馬と新潟の県境の山の一つに巻機山がある。
今日はその向こうの話。

もともと巻機山は機織りと縁が深い、その昔村の若者が薬草豊かなこの山の頂き付近で機を織る天女と出会い、村の氏神となって守ってやろうという女神を背負って村へ帰るという伝説がある。この話では「振り返るな」といわれた約束を守りきれずに振り返ったため、背中の天女は消えて美しい錦の機布だけが残ったという続きがある。

新潟はいつもぼくを引っ張る不思議な縁を持ったところ。
山を越えて入るその国は気になる伝説も多い。
もっともぼく個人の血統に新潟の血は流れていないと思う。
しかしなぜか惹かれる。

24、か5の時以来毎年のように調べにいった柏崎市の伝承芸能「綾子舞い」
途中留学があったり、仕事で行けなかったりと中断はあったが、それでも、20年くらいは見てきただろうか。現在公開されている演目のすべてを見てきたし、マスコミが注目する前の小さな黒姫神社の神楽舞台で細々と演じられてきた歌舞狂言の技量の浮き沈みをつぶさに見てきた。年寄りから若者へという世代交換もようやく果たせてきたようだ。

あっ、今日は「綾子舞い」について書くのではない。

山が多いと伝説も多くなるが、山ノ神は決まって女神である。マタギの女神は醜女が多いが、越前越中の女神には天女が似合う。

女の神は豊穣を意味すると安易に考えることもできるが、もっと現実的に、天女は美しい織物と深い関係を持つ。羽衣、すなわち天女こそ天の羽衣の織り手だったはず。。。

巻機山の伝説もそのバリエーションなのだろう。
当然、黒姫山も織り姫としての一面を持っている。
黒姫神社例祭で演じられていた「綾子舞い」
現在はあたかも芸能「綾子舞い」と化して多くの観光客を集めているが、綾子姫の伝説にどこか繋がっているものを感じる。

今日読んでいた本に、日本の美しいロマンスを見つけた。
新潟の帯織(おびおり)という地名を調べに出た著者が、その土地に伝わるご詠歌に巡り会った。

「夜もすがら 有無のくり糸 帯織りて
二世の契りを ここに結ばん」
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-15 00:37 | 雑記

カンタービレについて、その2

わかっているようで、実際はあまり自信を持って説明できない「カンタービレ」
私自身、これまで何となくの理解しかなくて、生徒さんにもきちんと説明できずにいました。

さて、今回はそういったことへの反省の思いも込めて、普段カンタービレという音楽用語に対して持っている理解の仕方を、少しだけ整理してみようと思います。

前回書いたこと

「歌うってどういうことなのでしょうね。
歌手なら何の疑問もなく、わたし歌ってます、で答えが出るのでしょうが、
器楽奏者は本当の歌とは違う音楽をやっているわけなので、そこのところがはっきりわからないのです。」

そう、カンタービレという言葉に戸惑いを覚えるのは、歌手ではなくて器楽奏者達なのです。
管楽器や弦楽器など、音を持続できる楽器なら、まだ本物の歌声のようなフレーズ作りが可能かもしれませんが、鍵盤楽器、ピアノやチェンバロとなると、歌声に近付くということはますます困難です。

私はチェンバロ奏者と同時に、ヴィオラ・ダ・ガンバという弦楽器も演奏しますので、いつも歌える楽器ガンバのよさを再確認しては、チェンバロもなんとかならないかな、、と考えさせられる機会が多くありました。

私の音楽的アプローチの基本は、「音楽は身体の奥から出てくるように」ということです。頭や指先が演奏しているように聞こえてくると、それはもう音楽以前の感じがしてしまって、ちょっと残念になります。とはいうものの、「身体の奥から出てくる音楽」は思い入れたっぷりに自己陶酔して演奏することとは違います。そんな演奏を聴かされたら、ちょっと失笑してしまいますよね。

さて、カンタービレの問題も、やはりこの基本のなかに理解の糸口がありました。
それは「呼吸とリズム、拍節」に深く関係していると思っています。
器楽奏者というのは、先生について楽器を習っている時に、どんな呼吸をすればいいかはっきりと教えてもらうことは、まずないといえるでしょう。たまにその問題まで突っ込んで教えて下さる先生もいるとは思いますが、、、

「なぜ、呼吸するの?」
それは、息を吸わないと死んでしまいますよね。
息を吸う。このことが大事なのは確か、そして、歌はこの息によって作られる表現なのですから、歌うように演奏しようと思ったら、息の勉強は不可欠です。

吸う息、吐く息、いきには2つの運動があります。
どのように息を吸うか、どのように息を吐くか、このことを考えてみればかなりカンタービレのイメージに近付けるのではないでしょうか。

息を吸うのも吐くのも運動です。運動には心臓の動きがそうであるように、リズムが必要です。
音楽では、音の並びはすなわちリズムです。拍節の並び(拍子)もすなわちリズムです。このリズムと呼吸のリズムとがしっかりと結びついているということが大切になります。
とはいえ、拍子に合わせて呼吸をしなさいとか、リズムにそって規則的に息をすったり吐いたりしなさいと言っているのではありません。たぶん、私の考えではむしろその逆です。
リズムが「リズムでなくなって呼吸になってしまう」息づかいをするべきだ、そう言う息づかいを見つけて行うことが、音楽を一旦身体の中に取り込むための大事な作業だと考えるのです。

つづく、 と いたしましょう。 
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-11 12:54 | 音楽

カンタービレ

カンタービレ 

とは、音楽用語で、「歌うように」という意味のイタリア語です。
カンターレ=歌う、なのですが、この歌うということ、歌うという言葉が意味するものは必ずしも万国共通ではないように思います。

フレスコバルディーもバッハも、自分の音楽を演奏する時には常にカンタービレであれ、と、まあこんなことを言っていますが、器楽奏者にとって、中でも特に鍵盤楽器奏者にとって、歌うと言うことはどういうことなのでしょう。

指先で奏でる演奏が、歌に近い抑揚を表現できればいいのでしょうか?

器楽的なメロディーにも、あたかも歌詞を与えて歌えるようなイメージで演奏することなのでしょうか?

確かに、日本で勉強している時も、海外に留学した時も、先生から
「ほら、もっと歌って! 歌わなければいけません!」
などと言われることはしばしばです。

歌うってどういうことなのでしょうね。
歌手なら何の疑問もなく、わたし歌ってます、で答えが出るのでしょうが、
器楽奏者は本当の歌とは違う音楽をやっているわけなので、そこのところがはっきりわからないのです。

うたいたい!、、、でも、、、どうやって。。。

こんな悩みがいつもつきまとっていませんか?
今日は問題提起だけしておきます。

さて、私の率いる「コキリコ社」のFIRST ALBUMは、歌ごころ一杯のCDに仕上がりました。
これまでのクラシックとも、古楽とも違う、飽きのこない音楽の広がり、選曲とアレンジ、そしてオリジナル曲が一杯です。皆さん、ぜひ聴いてみて下さい。価格は2000円で販売中です。

お問い合わせ office@kokirikosha.com  まで

たくさんの皆さんに聴いて頂きたい!
きっと皆さんにとって心を休ませて聴くことのできる、古楽アンサンブルならではのサウンドです。たくさんのお申し込み、お待ちしております!!
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-08 02:08 | 音楽

コンサート情報2007 4,5月

4月5日(木)赤城自然学園春の学校コンサート
午前10時半頃スタート、正午頃まで。子どもの詩に合わせて即興演奏します。
イタリアンチェンバロ使用。お問い合わせ、027-288-3956赤城自然学園まで

4月21日(土)カフェ「風」コンサート
前橋市のアフリカンカフェ「風」にて古楽器の世界、イタリアンチェンバロ、南アフリカで製作されたスピネット(アフリカ材使用)。お問い合わせ、カフェ「風」027-243-1335

4月29日(日・祝)伊勢崎アートフェスタin路地裏出演
第1回の伊勢崎アートフェスタに古楽器で花を添えます。日本の胡弓の演奏も。内容未定。
若いスタッフの情熱にほだされました!お問い合わせ、料理屋「堀さわ」0270-23-3924

5月14、15日(月、火)ブルーローズ・サロンコンサート
前橋市下小出町のサロン「ブルーローズ」にて2日間続けてのコンサート。演奏は午前11時から、午前中。チェンバロのコンサートは初めてという方でも楽しめる、また、少し学べるサロンコンサートです。
お問い合わせ、堀井027-350-0260

5月19日(土)陶豆屋・珈琲、紅茶サロンコンサート
開演19時。高崎市石原町の「陶豆屋」にて、小さなチェンバロのコンサート。珈琲や紅茶の物語など織りまぜながら、音楽で世界を旅してみませんか。
チケット2000円。
お問い合わせ「陶豆屋」027-327-4151

5月23日(水)スピネット講習会&コンサート
会場「雪草楽器 前橋店」  午前11時スタート予定。スピネットとはチェンバロを小さくオシャレな形にした一見家具調の楽器です。手ごろな大きさで場所を取らず、大変実用的なチェンバロです。
詳細は「雪草楽器」へ027-220-1888

5月26日(土)山崎酒造・酒蔵のコンサート
恒例の酒蔵コンサートです。蔵での演奏は音が美しく響き、大好きです。
開演19時。チケット2000円。小さなチェンバロのコンサートです。
お問い合わせ「山崎酒造」0276-56-1241
http://www.yamazaki-shuzo.com/
[PR]
by toshimusikk | 2007-03-03 11:14 | 音楽