カテゴリ:チェンバロ作り( 15 )

ベースブレースの加工、接着

本日より、ベースブレースの接着に入りました。底板にジグザグに張り付きます。この骨材が底板のたわみ、変形を防ぎます。接着には加工手順があり、数日かかりそう。また、ベント部分に貼るライナー材を曲げるための準備を始めます。まずは水に浸して柔らかくします。ビニールパイプのそこに蓋をして水をため、こんな風にやってみます。
c0095185_15184531.jpg


c0095185_15184865.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-03-05 15:12 | チェンバロ作り

チェンバロ作り 3/4

底板にkneeを接着できました。
c0095185_8451378.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-03-04 08:43 | チェンバロ作り

底板調整

キーボードベースの貼り合わせと水平出しができたら、底板に合わせ、底板の凹凸を削って修正。ニーやベースブレースの接着面も平に削っておきます。
c0095185_14533260.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-03-02 14:48 | チェンバロ作り

kneeづくり

9つのknee(柱材)完成まじかです。
立っているのが出来上がりの格好です。
c0095185_1951919.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-02-28 19:48 | チェンバロ作り

鍵盤材について

底板作りの途中から、鍵盤材を探し始めました。一般に鍵盤は広葉樹で作ります。
針葉樹より広葉樹がいいという理由は何でしょう。木の重さとか粘りとか、硬さなのでしょうか。
はっきりわかりませんが、一台目の鍵盤を檜で作ってみた結果から考えられることは、激しく動く鍵盤が出す雑音の関係も理由だろうということです。

今回思い切って底板と同じ杉材を用意してみました。
もしダメでも、鍵盤は後から取り替えられますからね。
[PR]
by toshimusikk | 2012-02-22 22:07 | チェンバロ作り