カテゴリ:旅( 69 )

金沢市での朝コーヒー

金沢来ると必ず寄る湯涌温泉。
今朝はその帰りにKのつくコンビニで、ドリップ式のオリジナルブレンドコーヒーを飲みました。これがなかなかうまい!
もう缶コーヒーには戻れないね。
[PR]
by toshimusikk | 2012-03-30 07:55 |

旅仕事

昨日いつものように楽器を積んで車で移動を始めました。
まずは、地元中津川市福岡で社会福祉協議会、ボランティア活動家のみなさんとともに参加してコンサート。
c0095185_1032159.jpg

その後はいよいよ本格的移動開始。
途中の道路はこんな感じでした。
c0095185_103224.jpg


c0095185_1032234.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-03-10 09:48 |

恵那市岩村、歴史の街並み

恵那市岩村に初めて出かけました。

大きなロックフィルダムを越えるとひょっと現れる古い城下町です。
大きなスーパーなどもあるのに、不自然なくらいの山村風景。
ここに県立恵那市支援学校があり、今日の午前中、生徒さんたちの作品が販売されていたのです。

c0095185_20332289.jpg

その後、歴史の街並みを散策。
昔の道に昔の石積、奥に広い古い建物。商店だったり人が住んでいたり、今も現役です。
今日は寒い日でしたが、気分は爽快になりました。
c0095185_20332346.jpg


c0095185_20332481.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2012-02-16 20:21 |

加子母の友の結婚式

若い友人の結婚式に呼ばれて長野へ行ってきました。
新郎新婦の大切な思いがしっかり表れた、とてもいい披露宴でした。
チェンバロも、オカリナも演奏させてもらいました。
二人は仕事の関係でしばらく別々に暮らすそうですが、
来年春から富山で本当の所帯を持つそうです。
おめでとう、そして、これからも永くお付き合い出来ますように!
[PR]
by toshimusikk | 2011-11-27 22:40 |

琵琶湖へ

京都で2日過ごしました。

山猫軒のライブは自分でも不思議なくらいワクワクしました。
年を重ねても決して骨董的でなくて、時間を超えた雰囲気あるカフェ。
そんな場所で音楽をすることにワクワクしていました。
山猫軒のみなさん、そして集ってくれたお客様、ありがとうございました!

翌日は京都から大津へ、どうしてもいきたい場所を回ることができました。
下鴨神社、上賀茂神社、結婚されて京都中心部にお住まいの友人宅、大原を抜けて広がる山中の葛川の里にあるカフェギャラリーkaze。こんな風に回っているうちに、縁というのは本当に結んで深めていくものだなぁ、と思いました。

今日は小雨模様の琵琶湖南岸をぐるっと回って、午後は近江八幡のお気に入りカフェ「オッタ」さんでティータイムのライブです。
今、一緒に旅しているのは生まれたての自作のチェンバロです。
今日も頼むよ、、、よろしく。
[PR]
by toshimusikk | 2011-10-30 08:38 |

有田ポーセリンパークで

今年が3年目の、有田ポーセリンパークでの 小さなチェンバロ。
会場はこの地にあるヴィンツェンガー城。
ドイツ、ドレスデンにある本物の城をよくここまで再現できたと思うほどの建物。
窓から見える庭も手入れが行き届いて、噴水を中心に刈り込まれた緑と美しい花園。

そして、響きのいい大広間。

二日間とも、昼間は無料のミニコンサート。間の一晩はディナーコンサート。
大勢のお客さまに心ゆくまで小さなチェンバロの音色を楽しんでいただけました。

今は福岡の友人宅にいますが、途中でぜひ寄りたかった武尾温泉に入ってきました。
情緒溢れる建物(重要文化財)と素晴らしい泉質の湯。
心に滲ました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-20 17:00 |

九州に入りました

16日、雨降る中「さくらみカフェ」(神戸)に到着。オーナーの松本さんとお会いしました。
電話でお話していた時からそうでしたが、気さくで話しやすい方でした。
初めての神戸での 小さなチェンバロ デビューでした。
ありがとうございました!

台風15号の影響で、翌日の高速道路は通行止めがありました。
国道2号線を走りました。

高速道路と違って人里の景色があり、町を通り、運転していてうきうきしてきます。
時間を気にしない旅だったら、このまま国道を走って九州まで行きたいところです。
残念な思いを振り切って、備前から高速道路に入りました。

台風の影響が心配ですね。
18日、19日は有田町ポーセリンパーク のんのこの郷 にて、小さなチェンバロ です。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-18 06:45 |

九州ツアーへ出発

この数日、実に残暑が厳しかった。
朝畑に出ても、背中を照りつける日差しに痛みを覚えるほど、、、

しかし、秋はしっかり加子母にやって来ている。
12日の中秋の名月を見ながらの夕食。
13日には角領の安江さん宅にて観月会、庭に宴席を用意して、吊るした裸電球一つ。楽しい会だった。
オカリナを二回焼き、チェンバロの修正を終えた。
昨日15日は車のエンジンオイルを交換した、自分で。これは大事な仕事。

今日16日、これを書き終えたら出発。
今晩は神戸の元町駅近く、「さくらみカフェ」にて初ライブをさせていただく。

いつもそうだが、仕事のために旅立つという気持ちではいられない。
旅仕事はいつも未知で、新しくて、楽しくもあり怖くもある。
どんな人たちと出会えるのか、何を聞き、何を目にしてくるのか、
この仕事は音楽を道連れに、音楽に導かれて流れ動くようなもの。
「旅を終えてまた加子母に帰ってきたい」
この声を忘れずに、行って参ります。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-16 05:50 |

中仙道和田宿 ふれあいの湯

中仙道の難所、和田峠は車でよく越えます。
今日はいつも気になっていた ふれあいの湯 という長和町の温泉施設に寄ってみました。
静かな高台にある木をふんだんに使った建物です。
入湯料大人300円は安い!
浴室にはかすかに硫黄の香り。体が芯から温められほぐされます。
この3月にチェンバロ作りで痛めた右手の人差し指がじんわり。
はっきり効いているようなので、リハビリのつもりで揉んだり伸ばしたり曲げたり。
だいぶ楽になりました。
長和町にはもう一つ やすらぎの湯 という施設があります。
今度はそちらにも行ってみたいと思いました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-07-28 08:27 |

京都市太䅈(うずまさ)広隆寺にて

広隆寺を初めて訪ねました。
国宝の木造阿弥陀如来半跏思惟像で大変有名な古刹です。
京都では一番古い仏教寺院だとも説明されていました。

時々雨が落ちる蒸し暑い日でした。
太䅈駅から狭い道を歩いて、東映の京都撮影所を通り越し、
バス通りに出で少し進むと大門が現れます。
境内は外の喧騒が嘘のような落ち着いた静かさで、歩いてきた疲れを忘れさせてくれます。

沢山の仏像を安置した奥の建物に入ると、まずは素晴しい姿の12神将に目を奪われました。
その中心にある薬師如来は厨子の中に封印されて見ることはできません。
有名な阿弥陀如来半跏思惟像は建物の中央の壁際に、他の阿弥陀如来さまと並んで安置されていました。その姿の美しさは、やはり仏さまでないとあり得ないものでした。

その阿弥陀如来さまとの真向かいに、ひときわ大きな傷ついた仏像がありました。
千手観音座像です。手は折れ、全身の木目がいたるところで削れてやせてしまっていますが、
その観音さまからは温かな優しい心が溢れ出しているように感じます。
作られた年も、1012年とはっきりわかっているそうです。
本当に千年前の仏さまだったのです。

広隆寺では、多くの仏像が千年もの長い年月の間、人の世の移り変わりを見続けてきたのです。ありがたさ、感謝の気持ちが自然に湧いてきます。
音楽を頼りに旅をすることの多い自分も、大きな勇気をいただきました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-06-23 13:35 |