カテゴリ:雑記( 118 )

パソコンがダウンしてしまいました

実は、さる3月3日よりパソコンが起動せず、さらに前橋と名古屋とでコンサートがあり飛び回っていたため、何の対処もできずにいました。

昨晩より修復を始め、ようやく今朝未明の3時頃にOSを起動させることができました。
しかし、大問題発生!

早くいえば、パソコンのハードディスクを初期化しなくてはならず、これまで貯めていたデータがそっくり消える運命となってしまったのです。

たとえば、多くの書類は様々なお気に入りのフォントで作っていました、それらのフォントが消し飛びました! これはほんとに残念! これからゆっくりフォントを集めていかなくちゃ。

しかし当座、次なるコンサートのためのチラシの製作など、osaka、ヒイラギくらいしかないフォントをつかって作らなければなりません。

しかし、パソコンがデータを失ってみて分かりました。
この機械は、何でもかんでも溜め込むことが得意な機械だったんだと、
そして、溜め込むことに安心していたのです。
けれど、失うことも大切なこと。
失うことで出会えること、大切なものもあるはずです。
だから、失うことを怖がっているだけではいけないのだと思います。

さて、チラシ作り!
それから、チェンバロ作りも始めるぞ!
[PR]
by toshimusikk | 2009-03-09 14:48 | 雑記

浅間山噴火

今日未明、浅間山が噴火しました。

c0095185_17512974.jpg


午前1時半を過ぎ、暗い部屋の布団の中に潜り込んでいました。
うとうとし始めた頃、建て具がガタガタ鳴り出し、家全体が小さく細かく揺れはじめました。

どちらかというと、大きな地震の前の初期微動という感じでした。

ところがこの細かな地震がずうっと続くのです。
これはよほど大きな地震の前触れか、、、

そう思い、すぐに起き出してラジオをつけました。
緊急地震情報があるのでは、

と思ったのにラジオは普段の番組どおり。

おかしい!

その間も揺れは続き、寝ていられません。

そんな状態が10分、15分くらい続いたでしょうか。

ようやくラジオから
浅間山噴火の臨時ニュースが流れました。
午前2時を過ぎていました。

ああ、浅間の噴火だったのか、、、

あのジャリジャリの火山灰が相当降ってくるだろうか、、、

翌朝は嘘のような晴天、あたたかな日差し。

火山灰も全くといえるほど降っていません。
どうやら太平洋側へ飛ばされていったようです。

いつか大噴火が起こるのだろうな。

今回は大きな被害がなくて本当によかった。
[PR]
by toshimusikk | 2009-02-02 18:01 | 雑記

阿佐ヶ谷〜荻窪のお散歩

きのう4日、阿佐ヶ谷から荻窪までを散歩しました。
阿佐ヶ谷に独り住まいの娘が同行で、案内役も兼ねて。

まずは噂のカレー屋さん
ごちゃごちゃっとした路地の一角、「Bhandali」(バンダリ)
狭い店内ですが、娘のいちおし。ランチならナンのお変わり自由です!
ぼくはカレーもおかわりしました。薬味でついてくるミントソースがピリ辛でおいしい!

お腹いっぱいになって、お散歩開始。

と、いきなり不思議な建物が目に入ります。
近付くと「ラピュタ」とかいてある。
c0095185_1545556.jpg


実は映画館なんです。楽しそうな建物です。

さてこの路地にはほかに妙に気になるお店がありました。

「よるのひるね」
この店はかなり気になる。夜オープンのカフェで、ギャラリーで、ライブハウス?のようなところなのかも。こんどぜひ夜行きたい。
そして、ジャズハウス「スターダスト」古いお店、懐かしい感じです。

しばらく歩いて荻窪駅近く、
珈琲の名店「邪宗門」

ここも娘のいちおし。ただ、この日はお休みでした。残念。

路地を歩くと、面白いお店がたくさん見つかって面白いです。
[PR]
by toshimusikk | 2009-01-05 15:51 | 雑記

謹賀新年

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

みなさまにとって

楽しく、おもしろく、なにより



夢のある、明るい一年になりますように!



c0095185_7545669.jpg


今年はどんな旅ができるのでしょう。
どんなみなさんとお会いできるのでしょう。

なんだかワクワクしてきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by toshimusikk | 2009-01-02 08:13 | 雑記

橋の上から

もういい加減、フランス旅行の日記には飽きてしまったよ。
でも、肝心のレンヌという町のこととか、市場でのぼくの大道演奏とか、不思議なセッションとか一番メインなことにたどりついていない。

でも今日の話題は、ぼくの家から街に出る時に渡る橋の上のこと。

「聖石橋」という名前は、川の中州に大きな岩があって、そこには鳥居も建てられているんだけど、その石にまつわる伝説から付けられた名前だそうだ。

ぼくはこの橋の上で歩いていたり、自転車に乗っている時に、これまで3度も大事な帽子を風にさらわれてしまった。風で頭から飛ばされた帽子はどれもみな、川面に落ちていって、それでさよなら。

しかし、ここは眺めがいい。

今日は谷川岳の方面と、浅間、草津の方に雪雲が出ていた。
明日あたり、浅間山は真っ白に雪化粧していることだろう。
c0095185_23413467.jpg


橋の下を流れる川をのぞくと、この季節は産卵のために寄り添って泳ぐ、大きな野鯉の姿があちこちに見える。

c0095185_23454336.jpg


この川、この橋が一つあるおかげで、ぼくのすむ家は街と違う田舎らしい静かで落ち着いた雰囲気を保っているんだ。

この岸とあの岸、
橋を渡るというのは、いつも少し心が騒ぐ。
[PR]
by toshimusikk | 2008-11-19 23:47 | 雑記

たっぷり一日過ごす、練習なし。

朝早く目が覚めてしまうなぁ、、、
もっと寝ていたいのに、なぜ目は覚める。。。
といっても7時過ぎなんです。

まあ、5時間くらいは寝ているのかな。

朝はやること結構あって、すぐに10時くらいになってしまう。

でも、実は昨夜からずっといつも使っている楽器(小さなチェンバロ)のことが気になっていて、それで眠り足らないのに目覚めてしまったのだと思う。

小さなチェンバロ、は、ずっと友人から御借りしていたもの。
自分のものではないけど、これに出会ってからコンサートでも録音でもその魅力を十分に発揮できるように、たっぷりたっぷり手をかけてきたのです。
自分と心が通じるまでになった、幸せな楽器です。

さて、そろそろ里帰りさせてあげなければね。
もう、ぼくのところでは力を使いきってくれました。
これからは、この後に続くほかのみんなのために、その魅力を見せつけてやって下さい。

寂しくなりますが、お別れするのはまだもう少し先ですよ。

小さなチェンバロ、に続く、新しい小さなチェンバロをぼくの世界に呼びましょう。

今朝、よく知っている製作家と話しました。さらに、今ぼくが持っていて全く使っていない大チェンバロを欲しいといってくれている方ともお話しました。

昼にパンを買いに行くと、イラン人のアミラさんのお店にはいつもの求人広告の張り紙がなくなっています。

くりくりっとした人がガラス窓の奥でチャーミングに動き回ってる。

「こんにちはー」っていって入ったら、、、

棚にパンがほとんどありません! なぜ?

ワゴンの上にちょっと、これって残り物?

野菜たっぷりパンとフルーツたっぷりパウンドケーキを買いました。

レジで新人従業員さんが、、、英語を使う!
なので私も久々に英語でお買い物。
フィリピン出身の彼女は目もくりくり、からだもくりくり、
そして英語がきれい。

さて、明日は半日、地球屋でライブですよ。
みなさん、聴きにおいで♪! ね。
[PR]
by toshimusikk | 2008-11-02 22:14 | 雑記

つぎあて

9月の演奏旅行で九州に行ってから、ずっとしたかったこと。

それがズボンんへのつぎあてです。

c0095185_23535740.jpg


数日前に、ついに思いきって継ぎ当てに挑戦。
思った通り、いいものに仕上がりました。
継ぎ当てってオシャレですよね。

でもこんなの序の口、
九州で見た人はもっとすごかった、
そしてオシャレだった。

でもとにかく、膝小僧がすこし破れてしまっただけで捨ててしまうより、
継ぎ当てをしてもう少しはいてあげる方が、
こちらも気分いいです!

ちょっとだけ壊れてしまったからといって、捨てない。
そこがいちばんのオシャレなんだネ♪
[PR]
by toshimusikk | 2008-11-02 00:09 | 雑記

うたおう、あなたのため

昨夜、ふと思い出して
金庫代わりにしている小さなかごをあけてみた。
c0095185_9285688.jpg


しわくちゃの5千円札が一枚入っていた。

ちょっとおかしくなった。

これはあるイベントで、歩くのもやっとくらいに太ってしまった立派なひげの紳士が、
ぼくのCDを買ってくれた代金。

ちょうど風呂にも入ってしまったし、あとはお酒を飲んですごそう、、、
だからコートをはおって家を出た、夜10時。

公園のそばのその居酒屋は、平日しか店をあけていない。

高崎に越してきて、ようやく一人で飲みにいこうと思う初めての店。

短い時間だったけど、また新たな出会いもあり、楽しいひととき。

閉店の11時を過ぎてしまって、新しい知り合いと店先でお別れ。

ゆっくり歩く帰り道、
新しくなった聖石橋の緑の欄干に両肘をついて、
うたをうたう。
 
「あかりを消して、部屋に月を呼び、
 うたをうたおう、あなたのため」

ぼくの大切な人がついこのあいだ送ってくれたCDのなかに入っていたうた。
題名は知らない。

静かに流れる夜の川面に、町の小さな街灯の明かりが映って、
遠い星のようにきらめいて見えている。

「あかりを消して、部屋に闇を呼び、
 うたをうたおう、あなたのため
 どんなに遠くはなれていようと、
 人はかならず、出会ってゆく」

やっとぼくのもとにあらわれた
愛せる人、
少し年のはなれたあの人を思って、
[PR]
by toshimusikk | 2008-10-29 10:00 | 雑記

オルガン運び屋さん

今日はオルガン運び屋さんです。
八王子まで、しばらくの間。
ぼくがこのオルガンを使うのは、12月のメサイアのシーズンになってから、
今は弾く機会も少ないので、使って下さる方がいてうれしい。

このオルガンについて、
これは2003年生まれ、
南アフリカのSelway Robsonさんが作りました。
彼自身、オルガニストでもあるとか。
電気を使わない、演奏者自らが足でふいごに空気をためて演奏するという、
昔の方法そのままを採用しています。

この楽器を弾くと、オルガンの演奏にはいかに空気が大事かということを実感できます。今の楽器のように電気でいくらでも空気を流し込める楽器と違って、どのように空気を使ってパイプをならすか!、ということが表現そのものになってくるのです。

今日は八王子で、明日は両毛地区のあたりを営業(自分の売り込みですね)で回ってきます。

一泊の予定で出かけている間、コンピュータでのやり取りができない環境になると、なんだかやるせない気分になります。
ちょっとした現代病なのでしょう。

では、出発。
[PR]
by toshimusikk | 2008-10-16 08:39 | 雑記

講習会も終わり、、、

講習会も終わり、、、

今日はあと数時間しかありません。

とっても疲れてしまいました。

移動していた楽器が全てもとの場所に戻ったわけではありませんが、
そんな片づけ作業は中止しましょう。
明日があるから、明日できる。

今日の残りの数時間、
友人のジャズの演奏を聴いて、
あの作家さんから送られてきたDMをながめたり、
お世話になったKさんに手紙を書いたり、、、

そう、スペインより一時帰国の画家Kさんの個展を見にいきましょう!
明後日あたり、軽井沢のスタジオまで。
案内の花の絵に、見とれています。

あと数時間、そんな風に過ごせたら、いい、、、な
[PR]
by toshimusikk | 2008-09-07 21:46 | 雑記