カテゴリ:音楽( 218 )

小倉を後に

九州ツアーで欠かせない小倉北区の「ギャラリー雛蔵」でのコンサート。
気持ち良く演奏できました!

そして、初めて関門トンネルを車で通って九州を後にしました。
何しろ今回は全て陸路です。
そして数時間後、宮島の厳島神社の大鳥居を横に見て走ります。

あすは尾道での初コンサート、とても楽しみです。
それにしても長距離ドライブとその後の演奏、簡単ではありません。
何があっても演奏を聴いてもらえるのはとてもうれしいこと。
これからも、旅の仕事が上手に増えていけばいいな、、
では、尾道での出会いを本当に楽しみにしています。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-26 21:45 | 音楽

別府良き温泉、良き会場、そして小倉へ

毎年この時期に演奏に訪れる別府。
今年が12回目の「環豊後水道古楽祭」(つまるところ別府古楽祭)への参加に合わせ、
昨年に続き、市内旧家で母屋が重要文化財に指定されている「桝屋」、でのコンサート。
この何年も毎年訪れていますが、やはり今年も別府文化の奥深さを肌身で確かめた二晩でした。

わたしのライブ、コンサートは会場の趣き、お客様の雰囲気で大きく変化します。
それではダメだという意見もあるでしょうが、私自身がいつも同じ物ということを好みません。
これはもう、性分の問題でしょう。
ですから会場も、お客様もその時々の演奏の大事なパートナーだと思っています。
だから桝屋さんでの演奏も、古楽祭での演奏も、今年は昨年とまた大きく変わったと思います。

別府にいる間、温泉の楽しみは欠かせません。今年は二日間朝湯を楽しみました。新たに見つけた温泉、これは私には宝の温泉でした。いろいろ回りましたが、別府でふたつめのお気に入り温泉となりました。

さて、今日は別府を離れ、小倉のギャラリー鷺島でのコンサート。
二年ぶりの会場ですが、ここは良く響きます。
単に音が響くというわけでなくて、多分人の思い、私の思いが良く響くのでしょう。
ここて音楽をする者は誰でも同じに思うのでしょうか?
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-24 22:30 | 音楽

瓢鰻亭/ひょうまんてい/ヒューマンテイ ライブ

福岡県京都郡京都町の「瓢鰻亭」でのライブ、
響きも雰囲気もいい会場で、九州に来たら必ず会いたい友人知人も駆けつけてくれて、
とても有意義な楽しい時間になりました。

こんなライブができた晩は、小さなチェンバロを自分で運びながら、
全国で演奏活動をする旅芸人になれてよかったと、正直に思います。

ここで、この皆さんの前で演奏できて良かった!

この喜びがあるから、もっともっといい演奏を、心を豊かに包み込むような時間を分かち合える旅の音楽家でありたいと、これからの自分に願うばかりです。

瓢鰻亭はほんとに出会えて嬉しいと思う場所。
オーナーの前田さん、ぼくを温かく迎えてくれる友人たち、
本当にどうもありがとう!
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-22 00:28 | 音楽

小さなチェンバロ「トーク&ライブ」 中津川市

長い九州ツアーが迫ってきました。
でもその前に、、、、

9月11日(日)の午前中、中津川市の東美濃ふれあいセンターにて開催される 健康福祉まつり 会場にて

小さなチェンバロ「トーク&ライブ」

をやります。お近くの方はぜひ見にいらして下さい!
副題は「旅する音楽家の子育て日記」です、って、何を話そうかな、、、おたのしみ!

詳しくは市の広報 こちら をご覧ください。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-09 19:55 | 音楽

チェンバロ製作現状

製作中のイタリアンチェンバロですが、脚以外の木工作業はすべて終わりました。

ただ、ボイシングをしながらどうしても修正しておかなければいけない箇所を発見。
今はちょっと忙しくなって時間がないので、完成はしばらくお預けです。
9月半ばより始まる九州ツアーに持って行きたかったのですが、弾き込みをする時間が取れないことを考えると、今回は見送りという結論を得ました。 残念!!!

しかし、10月に予定している加子母でのお披露目には間に合わせたいと思います。
頑張りますよ!

9月はほとんど家で過ごす時間がありません。
加子母歌舞伎を半分見て、一日休み、今日からまた群馬へ出張レッスン。
自分もそうですが、車の方もよく頑張ってくれるなぁー。
毎年9月はほとんど家を空けている月です。
旅仕事ができるのは自分の生き甲斐です、あれこれ考えずに、出発です。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-06 06:22 | 音楽

宇都宮 ”2 tree cafe" でチェンバロライブです

時の経つのは早いもの、今年も9月になりました。

毎年9月は長い旅仕事がある月です。
いつもは西の方へと旅立つ自分ですが、今年は少し違います。
大震災、原発事故でやはり自分も変わろうとしています。
原発のことがあってからは、生活そのものから変化が必要な時なんだと感じています。
電気が新しい生活を生み、過剰に消費されていた結果、捨てようの無い危険な廃棄物を生む原発に強欲的に頼っていました。 反省しています。すこしづつ、変わりたいと思います。

きっと、9月最初のライブをさせていただくこの カフェ ”2 tree cafe"(二本の木のカフェ)の若いマスターはもっと早くからそんなことに気づいていたかもしれません。

9月3日(土) 
会場”2 tree cafe"  宇都宮市西原3−3−14 tel.050-1026-5173
open 18:30 start 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)

小さくて気持ちのいい内装のカフェです。こんな場所でのライブと出会いが大好きな自分です。
お待ちしております。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-01 07:32 | 音楽

チェンバロ製作、ジャックとボイシング

弦が張れて、ボイシング作業が進んでいます。

だいぶ前に作っておいたジャックがいよいよ出番を迎えました。
今回のジャックはあまり評判の良くない桧製です。
ほんとに桧のジャックは良くないのか??
自分で答えを確かめてみたいと思います。

桧は曲がりがでやすいといっても、イタリアンチェンバロのジャックは大変短いので、ほとんど影響を受けないのではないかと思います。強度の方は充分です。
そのことよりも、桧は大変軽いので、そのことが演奏する際の不安材料といえるでしょう。

ジャックの製作ははじめこそ木の取り方、削り方そのた一から考えて行ったため、相当時間がかかりました。
作業のための道具作りなど、工夫していた時間は楽しいものでした。
この部分はチェンバロの音を鳴らす最重要部分ですから、なるべく精度の高いものを作りたいのですが、手作業ほとんどの製作なので、一本一本に個性がでます。それもまた後で弾いた時楽しいものでしょう。
c0095185_9411727.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2011-08-27 09:41 | 音楽

群馬大学メサイアチェンバロクラス

8月23、24日は群馬大学メサイア研究会で通奏低音を学ぶ学生のミニ合宿をしました。
会場は伊香保温泉 旅館ふくぜん で。

ふくぜん さんは4年前から始まった「伊香保温泉古楽講習会」の会場です。
今年は震災の影響で講師のスケジュールが合わせられず、やむなく古楽講習会は中止となりましたが、
群馬大学メサイア研究会クラスは、日程をこまめに分けて実施することになりました。
8、9、10月と ふくぜん さんを会場に実施します。

旅館ふくぜん との交流は5、6年になりますが、経営の福田さん、支配人の笛木さんの熱い思いの呼びかけでロビーや会議室を会場に演奏会をさせていただくようになったことがきっかけでした。

前橋での音楽祭が終わった今、伊香保温泉での古楽講習会に改めて力を入れていきたいな、とおもっています。
[PR]
by toshimusikk | 2011-08-25 09:00 | 音楽

アーリーミュージックの夏in前橋  vol.15

20日(土)に第15回「アーリーミュージックの夏in前橋」 ファイナル を開催しました。

プログラムは10番までと盛りだくさん。
総勢20名の演奏者が普段のコンサートではなかなか聴くことのできない曲を演奏してくれました。
ご来場くださった大勢のお客さま、厚く御礼申し上げます。

c0095185_1375746.jpg


これまで15年の間、たくさんの音楽家、支援者に支えられて続けてこられた音楽祭。
名残惜しくも、今年でおしまいです。
この動きが引き継がれて、群馬のどこかでまた新たな古楽の音楽祭が始まることを祈ってやみません。
そしてまた、私も時々群馬での演奏を続けて行きます。
みなさま、あらためて、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました!!
[PR]
by toshimusikk | 2011-08-22 13:11 | 音楽

弦が張れました

イタリアン・チェンバロの製作もいよいよ大詰めを迎えています。
昨日は弦を張り終えました。
2日間かかりました。

というのは、弦を張っていくとピン位置(弦を引っ掛ける)がジャックガイドの穴とずれている部分がいくつも見つかり、
それらをいちいち調整していたからです。
最終的にはボックススライドの穴位置までもいくつか変えなければならず、これは大仕事でした。
しかしそのおかげで、楽器の不具合を直す作業の手順などしっかりわかりました。

弦を巻くピンには穴を開けていませんでした。そういうチュウニングピンの楽器に何度も弦を借り換えたことがあったので、その経験が今回は多いに役立ちました。
穴のあるピンと無いピンどどちらがいいかという問題は、弦を巻き上げたときの見た目と安心感くらいの差かも知れません。
c0095185_7582442.jpg


さて、いよいよジャックの調整、ボイシングの作業。すぐにでも始めたいのですが、3日間は何もできません。
というのは、明日8月20日は前橋市のミニ音楽祭「アーリーミュージックの夏in前橋」というものを主宰しているので、これから群馬県に出発しなければならないのです、、、

そう、明日8月20日(土)は「アーリーミュージックの夏in前橋」
会場 群馬会館大広間  午後1時半開演です!

今年はついに最終回、第15回目となります。
お近くの皆様、ちょっと足を伸ばせば寄れる方、是非に聞きにきて下さい。お待ちしてます!
[PR]
by toshimusikk | 2011-08-19 08:01 | 音楽