九州を後に

9月24日に、九州を後にしました。
フェリーの就航は夜8時、昼間の時間を使って北九州市の若松区を歩きました。

八幡西区の折尾駅から若松線に乗って出発。
c0095185_9305872.jpg


終点が若松駅です。
駅は海のすぐそばで、海なし県の群馬に暮らしている私には不思議な感じ。

若松の町には小さな路地や古い町並みがたくさん残っていました。
まずは路地裏探検。
大通りを渡ると今度は昔ながらの市場が、、、

しかし人でも少ないし、店を畳んだところもたくさんあります。

若松の港は昔の面影をしっかり保存したレトロなたたずまいでした。

c0095185_9352527.jpg

海岸付近の歩道は昔何度もいったポルトガルのリスボンの海岸を思い出させます。
ほんとによく似た感じです。



たっぷり歩きまわったあとで、ぽんぽん船という渡し船に乗って、対岸の戸畑区に渡りました。
c0095185_9381643.jpg

ぽんぽん船の船尾に立ってみると、スクリューの力つよい渦が印象的でした。
頭上には若戸大橋の影が覆いかぶさっています。

折尾のみなさん、Eさん、本当にどうもありがとう。
また再会を楽しみにしています!

次の日は大阪泉大津の港から、奈良県御所市に向かいます。
西の旅ではほとんど毎回ご厄介になっている、木村さんのお宅へ向かいました。

木村家には大きな蔵があり、そこを音楽会などで利用することができます。
今回も、木村さんと親しい方々をお招きして、ホームコンサートをさせていただきました。

c0095185_9434544.jpg

木村さんは若いときはボートの選手で、今でもがっちりした体つき。
二人いる息子さんもともにボート部で鍛えられたそうです。

御所はこの一年の間に3度目の訪問ですが、温かく迎えて下さって、心から感謝しています。
大変歴史の古い町で、なんと環壕集落として昔の姿を完全にとどめています。
歴史好きの私にはたまらない魅力ある町。
次の日の朝、中井さんという地元の歴史研究者に町の案内をしていただけました。
ありがとうございました。
[PR]
by toshimusikk | 2008-09-27 09:48 |
<< 旅の終わり 別府古楽祭 >>