「小さいなチェンバロ」(CD)発売のおしらせ

いよいよ、わたしのチェンバロソロのCD「小さなチェンバロ」(On A Little Italian Harpsichord) が発売されます。発売日は都留音楽祭初日の8月16日です。

この自分のブログにて発売予告をするのは訳があります。
実はこのCDは、POSEIDONというCDレーベルが新しく古楽のレーベル『wasabi』を立ち上げる記念すべき第一枚目の作品となりました。

さらに、wasabiレーベルでは、

この最初のプレスを記念して数量限定ではあるものの、ジャケットデザインを新進気鋭の造形作家「松尾宇人」の一点ものの作品で構成することで、規制概念をやぶるオリジナルアートワーク・ジャケット、まさにCDを包む作品として世に送り出すことにしたのです。

そうして出来上がったCDは、一枚一枚が個別の作品とも呼べるものです。私という演奏家一人のものではなくて、松尾宇人という作家、wasabiというレーベルの新しい創造意欲とがそれぞれ違ったベクトルの輝きを放ちつつ、絡まりあうように一つのものを誕生させた結果です。皆様が待ちに待った私の小さなイタリアンチェンバロによるライブにつながるCDを、このような贅沢なサポートの上で世に送り出せる幸せは、言葉には例えようがありません。

一点もののジャケットとも呼べるものになったため、初版プレスには版画という美術作品と同じ一枚ずつのエディションナンバーが入ります。

私が緊急にこのことでブログを更新しているのはこのナンバーが入るということを、私に注目して下さっている皆様にいち早くお知らせしたいためです。

ナンバーというのは予約によってある程度選べるのです。

私は初回の製作60/1000(3000?)のうち、まず1〜50を手にできるようです。若い数字、ゴロのいい数字を希望される方はその希望が叶うかもしれません。

ただし、私自身がアートワークの松尾宇人さんとこの仕事を通じて知り合った感想をいうと、番号に関係なく全てにおいて、ご自分の思いのきっちりと詰まった素晴らしい仕事をして下さる作家さんです。

最後に定価ですが、税込み2700円のようです。
もちろん、私のライブ会場でお買い上げ下さる皆様にはサイン付きはいうまでもありません。

今日は、まず、先行お知らせです。
気になる方には、ある程度若い番号順についてのご予約もいたします(必ずしもご希望に適えるとは申し上げられませんが)。


以上です。
どうぞ、ご期待下さい!
[PR]
by toshimusikk | 2008-08-14 02:41 | 音楽
<< 都留音楽祭に参加しています 病予後 >>