病予後

東北や東京、名古屋と飛び回っている間に、風をひいてしまいました。
蔵王温泉に宿泊中に移されてしまったみたいだ。
喉が腫れて、高熱になって、苦しかった。

夏風邪は完治したわけではないけれど、

時間が過ぎてしまうのを黙って見ているわけにはいかない。
家仕事中心だったけど、今日は朝からよくやった。
熱で一度動かさないままに脱力してしまった指の筋肉は、
もはや自分のものではない感じ、
だいいち、太さがひとまわりは小さくなっている!
案の定楽器など弾けたわけではない。

昨日から少し弾きはじめてはいたが、
今日は3時間くらいは指の感覚を取り戻す練習を必要とした。

一日二日ただ、チェンバロを弾かないでいるのと
病気で弾けなくなったのとでは、指が受けているダメージは全然ちがう。
ただ弾かないでいたときは、ちょっと弾くだけで指の感じはすぐ戻るのだけど、今回のように病気だと、少しも指はもどってくれたりしない。

全く身体って、こまかいことに正直な存在だ、、、
[PR]
by toshimusikk | 2008-08-14 00:45 | 雑記
<< 「小さいなチェンバロ」(CD)... ダンス、舞踏家との出会い >>