大川美術館コンサート

今日は7月7日、カレンダーの数字の上では七夕ですが、
やはり、雨。

一昨日の土曜日は群馬県桐生市の大川美術館
にて小さなチェンバロのコンサートでした。

大川美術館、ほんとうにすばらしい美術館です。
建物は小さな山の頂上付近から斜面に張り付くように下に向かって続きます。
中に入ると、階段と小さな廊下がそこここにあって、ちょっとした迷路みたいです。迷路の中に小さな部屋や大きな部屋がつながっていて、たくさんの作品が展示してあります。収蔵作品も多く、毎年何回か入れ替えをしてるようです。
とくに、松本俊介に関しては力を入れているようです。

コンサートの部屋は、ピカソ、ダリ、エルンストなどの近代洋画家の部屋。
マックス・エルンストの数点の作品がかけられた壁の前に楽器をおきました。
休憩なしの一時間ということで、解説はなるべく短く少なく、そのぶん、いろいろな曲を聴いていただきました。

弾き語りをしようとしたら、最近自作の譜面がなくなってしまって、思い出せなくてパス、、、
そのかわりに、思い付くご存じメロディーをその場アレンジで数曲演奏してみました。

京都慕情(好きですこれが)、七夕祭り、星に願いを、だったでしょうか。

ささのは さらさら のきばにゆれて

このメロディーのチェンバロ演奏が大変好評でした。
[PR]
by toshimusikk | 2008-07-07 11:51 | 音楽
<< 伊香保温泉古楽講習会 いよいよ開催 大川美術館コンサート >>