コキリコ社の「こきりこ節」

昨日は、6月1日(日)に埼玉県秩父市で行うコンサートのためのリハーサルをしました。

リハーサルといっても、出演はたったの二人ですから、2時間程度の合わせです。

相方というのは秩父市在住のガンバ奏者で楽器製作もしている大滝眞さんです。

そうそう、ガンバ=ヴィオラ・ダ・ガンバという楽器ですが、このブログの右上の写真がその楽器の糸巻き部分(ヘッド)の写真です。
糸巻きが6つ見えていますが、大滝さんや私が普段使っているものは糸巻きが7つあります。つまり、7弦のガンバということです。
大きさや構え方はチェロを持つような感じです。ただ、楽器にはエンドピンという棒がなく、ひざの間にすっぽりおさめて安定させます。このように足(ガンバ)に乗せて弾くのでガンバと名付けられています。

秩父のコンサートは前半が私のイタリアン・チェンバロによる演奏です。
大滝さんのガンバが登場するのは後半。

まずはマラン・マレーの曲集第5巻から、「ロンドーとシャコンヌ」。
コキリコ社のレパートリーから「古いイギリスのダンス」
そして「こきりこ節」を演奏します。

この「こきりこ節」が最高のアレンジです!!
ぞくぞく っときて、しびれますよ!

実は私が普段のコンサートで弾き語りしている「こきりこ節」にコキリコ社ように作ったガンバのためのパートをあわせただけなのですが、合わせることでどちらも驚きの変身ぶりです。

さて、チェンバロ奏者として多くのコンサートに出演しているわけですが、自分ではクラシック畑のコンサートとはかなり違うことをしているなぁ、と思っています。
もちろん、本格的なバロック音楽も説得力のある演奏を心掛けていますが、もっと身近にあって楽しめる音楽、日本人として心に響く音楽を聴いていただけるように工夫しています。

それにしても、今度の「こきりこ節」はよかったなぁ!!!

興味のある方は、ぜひ秩父まで聴きにいらして下さいませ。
[PR]
by toshimusikk | 2008-05-29 10:38 | 音楽
<< 雑用いろいろで、二人の飲み会 秩父コンサート訂正です! >>