吉野へ

御所市の木村さんご夫妻の案内で、一日吉野を回ることができました。

大型連休も過ぎた平日とあって、観光客の姿はまばらでした。
初めて訪れた吉野が、静かで緑深い景色だったことはうれしい限り!

c0095185_1184972.jpg
c0095185_1193910.jpg

吉野神宮の鳥居
なんと北向き、
京の都を向いているのです。







吉野神宮は吉野に南朝を建て、京の都に帰ることなく崩御された後醍醐天皇をおまつりするところです。









c0095185_1138593.jpg

金峯山寺は、役の行者さんが開いたお寺、蔵王権現を信仰する修験道の聖地です。
「蔵王権現」を土地の木村さん夫妻は「だおうごんげん」というのだと教えてくれました。一般的には「ざおう・・・」と読んでしまいますよね。
国宝の蔵王堂は、圧倒される大きさの木造大伽藍です。

この蔵王権現さんの祭りでは、カエルの着ぐるみ姿の行者が飛び跳ねる不思議な伝統行事があるということで、木村さんはそのいわれをお坊様に尋ねていました。

次に訪ねたのは竹林院。
c0095185_1142627.jpg


吉野の山を借景にしたお庭が有名です。
行者修行に吉野を訪れる人々の宿坊でもあります。

そして最も山奥にある水分神社。
c0095185_11442532.jpg


社殿は国宝でありながらずいぶん荒れてしまった感じでした。
間もなく修復が始まるとのこと。
水分という字を「みまくり」と読みます。

最後に後醍醐天皇陵のある如意輪寺へ。
御陵の方は宮内庁による参道の階段修復工事が行われていて上がることができませんでした。しかし、、、
c0095185_11485898.jpg
c0095185_11495660.jpg

このお寺は一歩足を踏み込んだときから、どことなくもの悲しい雰囲気が漂っていました。悲嘆のうちに亡くなった後醍醐天皇をはじめ、彼に使えた多くの武将たちの悲しい思いが染み付いているような、、、
安らかに!と祈りたくなるお寺さんでした。
[PR]
by toshimusikk | 2008-05-23 11:53 |
<< 葛城の古の神々 2度目の奈良県御所市 >>