中国古典音楽、いいですよ!

昨日に引き続き、中国音楽の話題です。

昨日は京劇のスター、李玉剛の男声、女声、二色の歌声が聞けるものをアップしましたが、今日は古典音楽です。しかも、ダンス付き!

扇舞丹青 ( 邹亚童 )

ここでは、明の時代、1425年刊行の古琴曲集「神奇秘譜」から、「高山流水」という美しい名曲に合わせて、現代風な中国舞踏が演じられています。

それにしても、1425年にはすでに演奏されていた音楽。素晴らしいです。しかも譜面が現在でもしっかり演奏できる形で残されている!
確かに同時代のどの世界の音楽よりも進んでいることが分かります。
日本は室町時代、ヨーロッパはルネサンス文化が始まった頃。
その時代の音楽がそっくり現代に演奏できる形で紙に残されていることがすごい!!

中国文化の奥深さには本当に驚かされますね。
[PR]
by toshimusikk | 2008-02-08 01:48 | アート
<< 寒中の春 李玉剛、すばらしい役者だなぁ >>