李玉剛、すばらしい役者だなぁ

中国の音楽は、しばらく前から二胡のブームに加えて、「女子12楽房」の人気グループの登場で馴染みのあるものになりました。

とはいえ、伝統的な中国音楽を聞く機会というのはそれほど多くはありません。むしろほとんど聞く機会などないかもしれません。

幸運にも自分は、東京琴社中国絲竹楽班に加えていただいた関係で、わずかばかりですが中国古典音楽に触れる機会を得ました。

そして現代の京劇のスターの歌唱や芸の素晴らしさを知ると、いよいよここから吸収することで熱い魂のこもった東洋の音楽に手が届くのではないかという思いを抱きます。

最近知った「李玉剛」氏は若さの中に繊細な芸の輝きも放っている、まれに見る役者です。お時間のある方はどうぞ御覧下さい。
「貴妃酔酒」ー李玉剛
[PR]
by toshimusikk | 2008-02-07 02:12 | 音楽
<< 中国古典音楽、いいですよ! 一生もの >>