蕎麦いろいろ

蕎麦好きです。

まあ、あちこち名店を食べ歩いているわけではありませんが、蕎麦は素朴な食べ物なので、誰でも慣れていればすぐにその質の違いがわかる食べ物です。

さて、今日は実家(群馬県館林)の近くにある知り合いのそば屋さんに食べに行きました。
c0095185_23253872.jpg

このそば屋さんは、プロの蕎麦うち名人ではありません。
言葉は悪いかもしれませんが、田舎のおばちゃんの作る家庭の蕎麦です。
ただ、こだわりもあります。
それは、自分で種をまき、育て、収穫し、粉に弾き、それで蕎麦を打ってお客にだしています。

つなぎを混ぜた安っぽい蕎麦かもしれません。しかし、この女主人が自分の生まれ育った実家でやっていた通りに蕎麦打ちしています。田舎の家庭の味。昔の素朴な味かもしれません。

もちろん、技の巧みな、色つや、香り、食感の素晴らしいプロ指向の蕎麦も好きです。でも、これはファッションだなぁ。食べ方も難しくなってしまう。
家庭の昔蕎麦の味もいいものです。新鮮で、香りがいい!

畑の蕎麦も11月には収穫できる事でしょう。
新蕎麦がいよいよ楽しみに!
[PR]
by toshimusikk | 2007-10-09 23:35 | 雑記
<< さんま 映画「新 あつい壁」 >>