高柳(リュート奏者)の訪問

現在ドイツに音楽留学中の高柳義生君が一時帰国している。

今日は11月に結婚するというフィアンセを連れてぼくを訪ねてくれた。
彼のフィアンセには昨年のコンサートで大変お世話になったが、お会いするのはそれ以来。

11月の二人の結婚式で、乾杯の挨拶を頼まれた。

音楽家と結婚する彼女はえらいなぁ。。。

しばらくの間、音楽を生業にする難しさ、そのヒント、活動のし方、そんなことを話し合ったが、
あんな仕事こんな仕事と想像は膨らむのだが、日本という貧しい文化行政の中では、音楽家として生きて行くことは困難。彼の専門のリュート族という楽器の演奏ではなおさらだろう。

先輩として、まずはぼく自身がしっかり頑張らなくてはね!
彼もぼくの進む道を後ろから見ているわけだし。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-15 03:13 | 雑記
<< 別府温泉 北欧の歌姫  Eivor Pa... >>