池袋にレイトショウの映画を見に行く

あるライブハウスからの情報で、面白い映画をやっているとのこと。

題名は「童貞。をプロデュース」
池袋のシネマ ロサ 一館のみでの上映。
ネットで調べてみると、どうもドキュメンタリータッチのものらしい。
でも、そんな風に少し調べているうちに、20年以上昔の学生気分が蘇ってきた。

行ってみるか!
後3日で上映終了だし、いましかあらへん!(と言葉が乱れたくなる気分)
東京にいる娘に電話、「一緒に見る?」

ということで、夜9時から上映の「童貞。をプロデュース」を見に行った。
どんな映画だったかって?
そういうことを言葉で語るのは難しい。ぼくにはできない。
知りたいという方は
ここ
ここをクリックしてみて!

日本映画って、大手の配給ものはあんまり興味なかったけど、こういった単発の企画ものは意外に新鮮なものがあるんだなぁ、、、としみじみ実感。

そしてなぜか映画のテーマ曲?のように流れていた童貞一号君作詞作曲のうた、「穴奴隷」
がじっと聞いていると大変うつしい歌であることに気付く。問題のある歌詞と、一蹴してはいけない。この歌詞そのもの、純で、美しい表現になっているではないか。。。

残念ながら、東京での上映は本日9月4日で終了。台風は接近しているし、昨日3日にいってきて本当によかった。

大阪でも上映されるようです。。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-09-04 22:40 | 雑記
<< 「童貞。をプロデュース」の余韻 全く眠れない >>