伊勢崎、路地裏アートフェスタ

伊勢崎、路地裏アートフェスタに参加してきました。

今年から昭和の日と名前を変えた祝日。レトロな名前のこの日に、時代の進歩に逆らっているような路地裏でアートフェスティバル。
c0095185_132862.jpg
お天気も日本晴れ!この小さな路地に40人近い作家さんが自慢の作品を持ち寄って、ちょっとしたフリーマーケット状態。木工、ガラス、陶芸、彫金、染色、織り、銀細工、などなど。。。

狭い路地で肩を摺り合わせるように行き違う人波。

当然あちこちで言葉の掛け合い、作家さんとの会話、この日のために昼間から店を開けてくれている飲み処、食事処に声をかけてお手洗いを借りに入ったり、この狭さだからこその人情が溢れている。

大勢のスタッフがテキパキと働いて、とても第一回のフェスタとは思えない切り回し。

そこの特設ステージにて胡弓を弾いてまいりました。

c0095185_13182482.jpg


久々に和装での演奏を楽しんできました。
なかなか気持ちいいものですね。青空の下、和服で胡弓を弾いて、つたない演奏なのに大勢のお客さまが感心しながら聴いてくれて、、、

打ち上げにも参加させて頂き、夜が更けるまで楽しいひとときを分けて頂きました。新しい出会いもたくさん頂いて、いい一日だったなぁ。。
c0095185_13214977.jpg

胡弓って中国の二胡と混同されていて残念なことです。でもこれが胡弓です! 中国には胡弓という楽器はありません。あれは二胡という楽器。
それにしても胡弓の音って、これ以上無いほど日本的な響きなのですよ。
胡弓は日本の大切な音楽文化。もっともっと多くの人に知ってもらいたいですね。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-04-30 13:25 | 音楽
<< コンサート情報2007 5、6月 草津でチェンバロライブ決定です >>