ノルウェーからの便り

Torleif、ぼくの友よ

何年も音信不通だった親友、Torleif Torgersen

オスロのヴァルキリエン・カフェで共に飲み
切ない恋を語り合い

ミュールダールの別荘で共に過ごし
ぼくにクロスカントリースキーを教え

庭になった林檎の実を共にもいで食べ
自転車にテントを積んで3日間も山の中を旅し

孤独に苦しむお互いを知りはっとして
もう他人同士で入られなくなった二人

昨日彼から10年ぶりの連絡が来た
彼はぼくの居場所を見つけてくれた

ノルウェーで有名なピアニストの彼が
少し前に初来日していたことを
ぼくは全く知らなかった

名古屋、東京と続いたコンサートで
彼はどこかの関係者から
ぼくの連絡先にたどり着いたのだ

Torleif      君の人生とぼくの人生は
やはり重なっている
互いに忘れることなどできない

よくも今まで
言葉もかけ合わずに
我慢できたものだね

Torleif 日本においで
ぼくもベルゲンに行くよ
[PR]
by toshimusikk | 2007-04-12 02:34 | 雑記
<< 足利、そして新田木崎 花見と宴 >>