ゆっくり生きる、ゆっくり気付く

いくつかの出来事が重なって起こった。
それぞれがみんなある一つの方向に動き出している。

最近身の回りに起こる出来事はぼくという人間を仲立ちにすごく関係性が強い。 

朝読んだ、原子物理学を研究している方の日記

>水素貯蔵物質<というタイトルで本文一部

>この研究で、世の中何が変わり得るか??
【生活的視点】車がガソリン・エンジン駆動から燃料電池・モーター駆動になる。携帯やノートPC、カメラ、補聴器 etc. の電池の持ちが良くなる、小さくなる。大規模プラントが不要になり、各家庭で発電出来るようになる。つまり、オンサイト発電。(今はまだ理解してないので電気変換用途しか挙げてません。)
【環境的視点】地球温暖化ガスは出ない。出るのは水オンリー。ゼロエミッションへの第一歩。地球温暖化防止への第一歩。何より燃料の水素は無尽蔵。そして変換効率が極めて高い。エネルギー問題解決の第一歩。
【政治的視点】中東情勢に振り回されなくなる。アメリカの我侭に付き合う要素が減る。科学技術立国日本への復権。

この世界のステキポイント。重鎮不在、珍獣沢山。
一言で言うと『雑種』
(以上、引用)

特に重鎮不在、珍獣沢山。 この言葉が楽しい。

続いて最近なじみの骨董屋へ

入り口すぐに九谷の品のいい朱と金箔の盃、清水焼きの煎茶道具など、前回には見なかった品物が並んでいる。
奥の江戸時代中期から末期の器を手に取ってみる。それらのほとんどは傷付いてヒビや欠けを持っているが、みな一言いいたそうに並んでいた。インテリアの飾り物には味があっていい。
おもしろいのは、現代のものと違って一様に高台が低いということ。また、色が深い。発色がいいのではなく、色味の奥が深い。
そしてそこのご主人と茶の湯話。
話しているうちに脳裏に例の如くはっきりと光景が浮かんでくる。そして、そこで見た一期一会の世界はなんと大きな慰めであることか。。それを思うだけで癒されてくる。本当の自分と向かい合うための小さな、そして周到な仕掛けの数々。。

帰宅後、CDのアートワークをお願いしているデザイナーさんからメール。彼女と打ち合わせで話していた時に感じていたことが頭に浮かんだ。

何かを手掛ける時、そこに思いを込めるとか集中すると言うけれど、では集中ってどういうことなのか皆あまり考えていない。時にそう思い込んでいたり、錯覚しているだけのこともある。
「いい演奏をするために集中する」というまではいい、しかし、集中するとどうなるかを知らな過ぎる。(ぼくの個人的見解ですが。。)

ヒントはいくらでも自然の中や、その辺に転がっている。
たぶん、
人は本当に集中すると、心も身体も「ゆるむ」
いまのところ、これがぼくの見つけた答え。
逆説的だけど、集中すると集中しなくなる。
いい仕事をするためのぼくなりの心構えです。。
[PR]
by toshimusikk | 2007-01-30 00:18 | 雑記
<< 最近古楽を聴かないなぁ コンサートを終えて感じました >>