散歩

日常、家事仕事をこなしてしまうとその後は、楽器に向かってたりパソコンに向かってたり、本を開いていたり。。

そんな風だから、用事がない限り外へ出ることも少ない、というか、自分で理由を付けて外に出ないと、下手をすると朝起きてから暗くなるまで家から一歩もでない日なんてのがあるものです。そんな生活をしている音楽家って、意外と多いのではありませんか。。

私は散歩が好きです。大分以前、犬を飼っていた頃毎日の散歩が欠かせない日課で、そのころから、野原をぶらぶら歩くのが好きでした。

昨年まで15年住んできた前橋は、家が町の中心付近だったこともあり、散歩コースは川ぞいの遊歩道か商店街の中くらいでした。

今度引っ越してきた高崎の家は、歩いて一分のところに烏川の土手があります。そこをのぼると写真のような芝生の公園が広がっていました。今日はその中を歩いていて、涙がこぼれそうになりました。
c0095185_0521059.jpg


地域環境のことなど全く考えずに、直感的に借りてしまった家ですが、この風景、まるで私を呼んでいたかのように思えてなりません。この川もこの芝生も、そして川向こうの高崎の町も、気付かなかったけどみんな私を呼んでいたようです。ここに移ってきたのは単なる偶然以上の縁があったのでしょう。

そんなことを考えて歩いていたら、身体中が大気や大地の感動に包まれて、じーんとしてきたのです。
[PR]
by toshimusikk | 2007-01-11 00:53 | 雑記
<< 学生との会話 ライブ 1月6、7日 >>