初めてのCD作り

正月2日より、古楽器バンド「コキリコ社」の初CD製作作業の再開です。
音響担当の小田原さんと、とあるオカリナ作家の家にお邪魔して、午後2時から8時半までああでもないこうでもないとミキシング作業を続けてきました。

元の音源が演奏会場での録音というライブ的なものなので、各トラックの音を加工してしまうことはできないのですが、よく聞いていると高性能マイクだから拾ってしまった雑音とか、あまり耳に心地よくない鼻息とか(笑)、純正にハモってしまったために発生するひび割れのような音とかがあって、それらをなんとか頑張って修正してきました。
とはいえ、演奏そのものは根性の一発テイクですから、臨場感たっぷりのサウンドです。

曲数は全23曲。65分くらい。
ルネサンス音楽、バロック音楽、日本と東洋の音楽、オリジナル曲などです。ちょっと聞いただけでは、どれがオリジナル曲だか分かりません。みんなそれぞれの時代や地域のスタイルによく溶け込んでしまっているようです。

完成は2月下旬ですから、頑張らないと遅れてしみそうなペースです。
ジャケットは若手写真家、デザイナーの大竹さんにお願いしています。
みんなが違った力を持ち寄って一つのものを作るというのは面白いですね。
サンプルが出来上がったら写真をアップしたいと思います。

みなさま、あともう少しお待ち下さい!!
[PR]
by toshimusikk | 2007-01-02 21:58 | 音楽
<< 新春幕の内ライブ1月3日 謹賀新年 >>