年末受難

12月もいよいよ残りわずか。。
年末仕事の忙しさに加え、年賀状の準備、クリスマス、大掃除、もちつきなどなど、本当にこの時期限定の大行事が次々と押しよせてきます。
私はしかも、引っ越し!
前々から考えていたことを実行に移しているだけなのですが、あえてこの時期に引っ越しをするというのも、やはり背中を押されて勢いづけられていたからなのでしょう。
何に〜?  それはめったなことでは語れないし、語りたくても難しくて自分自身で整理がついていない問題なんです。

引っ越し先は町外れの一軒家。もっとも6軒が1区画にまとめて建っている昔の長屋みたいな感じのところです。群馬県ですから家賃が安い!
そこに面倒を見なければならない鍵盤楽器をそろえて置いて、さらに古楽器バンド「コキリコ社」のリハーサルの場所、かつ友人たちのゲストルームででありまた私自身の生活の場でもある、、そんなおうちにしていかなければならないと痛感しています。
今まで借りていたスタジオは、奇麗すぎて駄目でした。。
床は傷つけてはいけないとか、でかい家具が入っていてスペースを思うように作れないとか、いろいろ問題があったのです。

基本的に今度のスタジオは畳の部屋です。
考えても見なかったことですが、この畳の部屋というのが以外にいい響きを作るものだったのです!! 畳はすごい! 洋室もあるのですが、そこに楽器を置くより畳の部屋に置いた方がいい音がするではありませんか。。驚きました、そして、目から鱗が落ちました。。

電話も引き、ネットも開通、さてコンピュータを接続しようとすると、、なんと購入以来初めての故障!! モニター真っ黒で何にも見えませ〜ん、ぅ、ぅ、ぅっ。。

結局バックアップもろくにとれないまま初期化のはめとなってしまったのです。
しかも予想はしていたけど、家族ともいよいよ距離ができて、なんだか飛び出したのか追い出されたのか分からなくなってきたではありませんか。。

でも、このくらいしないと、本当に自分の持つ力で音楽の道を切り開いていくパワーが活動を始めてくれないのです。どうも、音楽家というのは放っとくと甘えん坊で、小さな世界で満足してしまいがちです。そうではいけないと気がついたのです。
活動が小規模であろうと地味であろうと、音楽を道連れに放浪の旅に出ていくみたいな気がしています。広々とした世の中が、ようやく霞の向こうに見えてきた感じです。

さて、明日もメサイア公演。受難がなければ復活もない。
これからもチャレンジする楽しさを忘れずに、マイペースで無理せず頑張りましょう。
近々、新しい連絡先もこのブログのリンクに貼付けておきますので、もう少々お待ち下さい。まだ新しいアドレスでインターネットの設定ができていないので〜す。
コンピュータの調子がやっぱり悪いので。。。
[PR]
by toshimusikk | 2006-12-27 01:13 | 雑記
<< 謹賀新年 引っ越し中です >>