昨日のコンサートで

21日、埼玉県志木市のはらっぱの会主催、志木市、志木市教育委員会後援のバロックコンサートに出演してきました。

大きなジャーマンダブルのチェンバロをすっかりオンボロになったサンバーディアス(軽自動車)に積んで、道中窓を開け放って高速を走っていきました。気持ち良かった!

会場の志木市第二中学校若駒館は響きも残響もたくさんあって、リハーサルするのも大変。実は午後2時半から始まるこのコンサート、会場準備もリハーサルもみんな同時進行、ものを動かす音や話し声など絶え間なく、楽器の調律すら困難なほど雑多な音に溢れていたのです。

演奏はバイオリン二人とぼくのチェンバロです。低音の弦楽器がいないのはとても残念。プログラムもかなり  バロックな選曲で、初心者にはすこし重い内容ではなかったのかな・・・   しかし、音楽に合わせてダンスがあったのが何よりも良かった。

ダンスを披露してくれたのは、普段はジャズダンスなどを勉強している4人の若い女性のみなさん。バロックダンスへの振り付けを担当してくれたのは星原泉さんという自身もダンサーの振り付け師さんでした。すてきなお名前ですよね。帽子と男装の姿とがとてもお似合いでしたよ。

ぼくの専門のルネサンスやバロック音楽、そしてコキリコ社で取り組んでいるフォルクロアや民謡も多くがダンスと関係ある音楽です。今日は良き出会いでした。きっといつかダンス付きの音楽会をやりたいと思っていたので、何だか夢が現実に少し近付いてきたような気がします。
[PR]
by toshimusikk | 2006-10-22 01:05 | アート
<< 「ゆるみ」について考えると 分かっているのに気付かない >>