古楽器紹介プロジェクト?

群馬県という地方で古楽器の演奏家をしていると、誰かにこの音楽を教えて伝えるという機会が大変少ない。。ぼくの後輩たちも、留学して集中して古楽を勉強してきても、地元に帰ってくるとお教室すら開設するのが難しい、、、古楽器に触れて勉強してみようと思う人がほとんどいないのがその理由。

このままではいけない、私たちに明日はない!!、と思い、近頃前橋市内に支店をオープンさせた「雪草楽器」さんと協力して、古楽器の展示紹介とミニコンサート&講習会のイベントを企画させてもらうことになりました。
c0095185_12123612.jpg
そもそも、古楽器をやりたいと思っても近くに教えている人や実際に触れる楽器がないのでは、思いはそのまま素通りして消えてしまいます。結局本当の希望とはちょっと違うけど、ピアノ教室やバイオリン教室に通って、「きらきら星」とか「みつばち」みたいな子供向けの小品を弾いて、よくできましたね、、、と誉められて終わる方向に流れてしまうのです。

誰かさんが古楽器に触ってみたいと思ったとき、自分の足で動ける範囲に何か一つ本物の楽器があって、それを弾いてくれる人がいて、古楽器の魅力について語れる人がいれば、その誰かさんは古楽器に一歩近付くために、とりあえずは電子楽器から始めることだってできるはずです。
c0095185_12253240.jpg


初めて楽器を勉強する人が古楽器を手にした時、指の勉強とか音符の勉強と同時に、自分が音楽表現をする喜びを体で感じられる教材にすぐに巡り会います。「きらきら星」ではなくて、モンテヴェルディのメロディーや、古いシャンソンの美しいメロディーがそこら中に転がっています。古楽器をはじめた人は自分が初心者であることも忘れて  「音楽はいい〜!」  と自分で演奏する喜びに浸ることができるのです。げんに数こそ少ないのですが、ぼくの生徒さんたちがみなそういう体験をしています。

今「雪草楽器」に展示してあるのは、山野辺暁彦さんの作られたやや古いタイプのクラヴィコードです。山野辺さんが現在作っているのは、さらに音量、音色に改善が加えられた本当に素晴らしいクラヴィコードで、海外からも見学者が来るほどです。

もしも前橋に日帰りでこられる範囲にお住まいで、クラヴィコードに関心のある方はぜひ試奏しにいらしてください。ピアノ以前に愛用されていた鍵盤楽器の温もりあるタッチと音色に癒され、魅了されるはずです。
楽器はレンタルですので、どなたでも安価で手もとにおいて楽しむことができます。
[PR]
by toshimusikk | 2006-10-10 12:56 | 音楽
<< リュート、テオルボ、ガンバのコ... 東京琴社絲竹班 >>