行列のできる音楽家

はじめはチェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバの両方をどっち付かずでやっていた自分でしたが、やがてチェンバロを専門的に意識するようになったのは、ルイ・マルシャンというフランスのクラヴサン、オルガン奏者の作品を聴いてからです。

ルイ・マルシャンの作品はわずかしか残っていないので、その音楽の全貌を知ることは到底無理なのですが、クラヴサンのための2つの組曲を見ただけでも、それがフランスの音楽風土にかなり深く根ざした素晴らしい作品であることが分かります。
華麗さと反比例に中身を失っていく他の後期クラヴサン奏者達とはまるで反対に、古いスタイルではあっても濃密な音楽性に裏打ちされている作品だと思います。

ルイ・マルシャンの音楽は地味だということで、余り演奏されることはありませんが、その作品をいきいきとしたフランス様式で演奏するには、かなりのテクニックが必要とされる難しさもあります。ぼくがいかにマルシャンびいきかということが、もうお分かりでしょう。

さて、マルシャンの天才ぶりとその逸話を一つ。

彼の非凡な演奏は、若干14歳で出身地リヨンの大聖堂のオルガニストに任命されたほどでしたが、やがて20歳でパリに出てくる頃には、パリ市内でオルガニストの座に空席を持っていた教会のほとんどすべてから就任要請を受けていたということです。そのうちいくつを彼が受け入れたのかは定かでありませんが、王のオルガニストという地位を受ける以前の彼は、複数の教会を掛け持ちで演奏していたそうです。
そこで、同じ日に幾つもの教会の演奏をしなくてはならないことが頻繁におこります。彼は助手をお供に多分徒歩で教会から教会へと移動しました。
なんともおかしいのは、そのすぐ後を多い時には200人近い人々がぞろぞろついて歩いていたというのです。今風にいう、追っかけですね!

彼の教会での公開の演奏を聴きたくて、彼の後をついて回るのです。その行列の中には、若き日のジャン・フィリップ・ラモーの姿もありました。

おそらくそんな光景に出くわした人々は、いったい何事か!と思ったことでしょう。「とりあえず行列を見たら並べ」、と教え育てられたロシア人なら、かなり幸福な思いをしたでしょうね。ぼくも、心底並びたーい!

ほんとに残念です・・・が、想像は楽しい!!
[PR]
by toshimusikk | 2006-09-13 14:06 | 音楽
<< 酒蔵コンサート 音楽会の楽しみ方 >>