お茶のはなし

このところ、昼間は暑いくらいの気温でも、朝や夜は寒いことが多いです。我が家ではなんとまだストーブが活躍しています。

さて、今月初旬に四国を訪問しました。香川、徳島、高知を回りました。
今回最も印象深かったのは徳島県でした。山も海もぐっと心に響きました。

そして昨年出会ったお茶を求めてあちこちで探索開始。気になるお茶を入手できましたが、今回徳島のお茶畑には驚かされました!

お茶畑というと、普通小さなドームの形の長い畝が波のように連なるお茶畑を思い浮かべますが、私が目にしたのは、、、
まるで桑畑のような立木が整然と並んだお茶畑だったのです。一本一本の木の高さは人の背丈ほど。直径10センチを超える木の幹から上に向かって張り出した枝に葉がこんもりと茂っているのです。

お茶の種類も番茶、寒茶が中心のようでした。

写真は取らずに、目に焼き付けてきました。
上勝町の発酵番茶と阿波の相生番茶を楽しんでいます。


[PR]
by toshimusikk | 2016-04-28 23:13
<< タケノコもらった! 四国の旅 >>