こどもチェンバロを作りました

昨年の暮れから、とても小さな箱型のオッタヴィーノ(4feetのチェンバロ)を二台作りました。二つは形は同じですが、材料と構造を少し違えてあります。

一台は中島工務店の東京支店のモデルハウス TOKYO STILE に納品されました。
もう一台は自分用です。

鍵盤数は22。ソからミまでの音域です。両手が自由に音を選べるような音域ではありません。逆にそのことが、思い付くまま即興で楽しむにはとても好都合となっています。

この小さなチェンバロのためにこの数日で6曲の小品を作、編曲しました。
とても美しい音のチェンバロなので、誰にでも聴いて欲しいです。何かの方法でアップできればと考えています。

ではとりあえず、写真だけでも
c0095185_00055040.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2016-02-29 23:50
<< 小さなチェンバロコンサートツアー4月 コトイセ(邑楽郡邑楽町)コンサート >>