古道「木曽越え峠」を歩く

冬は演奏旅行が減って、加子母で暮らせる時間がたっぷり、大切な季節です。
特にこの冬は、チェンバロなどの楽器作りに向き合う予定です。

さて、しばらく前から加子母の散歩道として、木曽越え古道を歩いています。
この古道には30の観音様が道沿いに置かれ、旅人を見守ってくれています。
車を通す林道が作られたり、営林署による大規模な植林があったりして、行方の知れなくなってしまった観音様も数体あるようです。

今日は8番観音様にお会いしに行きました。
c0095185_23553316.jpg

帰り道、久しぶりに日暮れて暗くなり出した山道を歩きました。
[PR]
by toshimusikk | 2015-12-16 23:41
<< 群馬でメサイア 冬がこないぞ? >>