有元利夫展での演奏

2014年12月26日
高崎市美術館で開催中の有元利夫展で、チェンバロの演奏をしてきました。
有元さんとぼくとは、14才違います。
彼は藝大のデザイン科を卒業したのですね。
当時、あのすごい狭き門のデザイン科を。

ぼくは彼の作品と音楽を通して接することができて、たくさんの繋がりを感じました。
一度も会ったことのない、しかももう死んでしまって会うことのかなわない有元さんに、不思議とぼくの内面が呼応して、しっかりと共感しているように感じました。

有元利夫展は、高崎市美術館にて来年2月中頃まで開催しています。もう一度、彼の絵の前で語り合いたいと思います。
[PR]
by toshimusikk | 2014-12-28 00:35 | アート
<< あけましておめでとうございます 足の骨折? >>