旅仕事

9月の九州ツアーを終えて間もなく、10月16日より今年2度目の東北ツアーへ行ってきました。

加子母を出発して富山県を目指します。日本海ルートで秋田県の酒田まで、そこから田沢湖へ上がって、盛岡経由で岩手町へと向かう旅。
ゆっくり二日間かけて、国道7号線を中心に走り続けました。

久しぶりに通過した親知らず子不知の海岸。
c0095185_11545176.jpg

胎内市まで走って温泉のある道の駅にて一泊。

次の日は海岸沿いの7号線をひた走ります。波が荒くて潮のしぶきがフロントガラスを白く汚します。
数年ぶりに父親が疎開していたと言うあつみ温泉によることもできました。
c0095185_11545385.jpg


10月18日は岩手町にてコンサート。その朝、御堂観音にある弓削の泉を訪ねました。
c0095185_11545985.jpg


わくわくサロンじょい でのコンサート、本当に皆さんの心づくしの手作り音楽会は、遠方からのお客様も何人もいらっしゃいました。そのお客様の心を緩ませた素敵な笑顔が、とても印象的でした。

田愉さん、お教室の皆さん、そして会場に来て下さった全ての皆さん、ありがとうございました。

10月19日、20日は福島県本宮市でコンサートをさせていただきました。
19日の会場民宿だんだんさんでは、韓国から日本の友人に会うためにやってきた92才の柳さんとお会いしました。
日本ではこれが人生最後の旅だろうと言う柳さん、集まった私たちに心熱くするメッセージを下さいました。

20日はNPO法人本宮いどばた会主催の
子ども文庫井筒屋さんが会場でした。小さなお子さんを連れたお母さん方や地元のお年寄りたち大勢の皆さんが集まってくださいました。素晴らしい集いの輪があることを実感しました。

福島の皆さんとは原発事故その後の暮らしの日々の思い、個々の思いを聞かせてもらいました。その皆さんの思いは、これからのぼくの活動の原動力になっていきます。

旅の最後は、実家のある群馬県館林でなじみのお蕎麦屋さんのコンサートでした。手打ちそばサロンむらや。
これまでにもぼくたちのコンサートを何度も企画して下さり、お世話になったところです。この日もこじんまりとした蕎麦屋の会場にいっぱいの人が出かけてくれました。

たくさんの皆さん、たくさんの想い、たくさんの未来に出会いながら、9日間にわたる東北ツアーを終了することができました。
[PR]
by toshimusikk | 2014-10-24 11:25
<< 21万キロ 真夏の都留音楽祭 >>