真夏の都留音楽祭

今年も真夏の都留音楽祭にアシスタント講師として参加して来ました。

アシスタントとは何をするのか?

それは配属されたクラスのレッスンが効率よく、また何かの不足によってレッスンが行き詰まることのないように脇役の力を発揮する音楽家のことです。

ぼくはこの音楽祭に初めて参加した時にはヴィオラ・ダ・ガンバのクラス、次の年はバイオリンのクラス、3年目から現在までは合唱のクラスのアシスタントをしています。そして、実をいうと、この合唱のアシスタントが一番気に入っています。それは多分、普段の自分一人のの音楽活動と多いに違う楽しさを味わえるからです。

今年は残念ながら、最後の二日間を群馬での仕事のために欠席してしまいました。

来年もこの音楽祭に呼んでもらえるようでしたら、日本の胡弓をしばらくぶりに参加者の皆さんに聴いていただこうと思います。昨年今年とこの二年、胡弓を披露しておりませんでした。
[PR]
by toshimusikk | 2014-08-20 21:44
<< 旅仕事 終戦記念日前夜 >>