ヒマラヤを越える子供たち

最近、加子母で上映会があって家族で見た短編ドキュメンタリーです。
映画を見ながら心に広がった温かさはなんともいえないものでした。

チベット問題のことは、ぼんやりとしか知りませんでした。
日本では教育現場でも報道でもやんわりさけている問題なのだとわかりました。
今度の原発の事故で、新聞、ラジオ、テレビなどこれでもかとマスコミが仕切っている日本で、
実は知らせたくない真実は隠されているということを実感できた人は多いと思います。
チベット問題もきっと同じです。

大切なことは知ること、世界を見ること、声を聞くこと、
それができないと、自分の心が向かうところが怪しくなってしまうと思いました。

c0095185_1055679.jpg

[PR]
by toshimusikk | 2011-12-03 10:55 | 雑記
<< ようやく冬の冷え込み 忘年会でこんなつきだしが >>