新しい敷き布団

長年使っていた敷き布団、
真綿のしっかり入ったお気に入りのものだったのですが、
よる年波には勝てずぺちゃんこのせんべい布団に、、、

ついに新しい敷き布団がやってきました。
市販のものにはどうしてもポリエステルが入っているし、真綿のものなどほとんどありません。
考え込んでいたら、加子母の知り合いの さっちゃん のお母さんが布団を打てるというお話を聞きました。
さっちゃんの家は別に布団屋さんをやっていたわけではありません。
昔の村人には布団も自分たちでつくる技がしっかりあって、さっちゃんのお母さんはそれを受け継いでいたのです。

初めて注文して作ってもらった布団はほんとにふわふわです。
横になるたびに、幸せな気持ちがちょっぴり膨らんで、
人のつながりのありがたさを思います。
[PR]
by toshimusikk | 2011-10-20 08:09 | 加子母
<< 加子母チェンバロのお披露目 今日は第53回村民体育祭です! >>