尾道での初コンサート

今年の九州ツアー最後のコンサート、広島県尾道市のミュゼッタさんでの 小さなチェンバロ を終えました。

初めての尾道。
小高い丘に囲まれた港街。
なるほど坂を上れば、どこからでも美しい瀬戸内の景色を眺望できそうです。

コンサートの前、午前中に郊外の養老温泉へ行きました。温泉に入りたいというのでなく、
どんなところだろう?という興味で車を向ました。
思った通り、田んぼのはずれ、山際の小さな温泉です。
飾りっけのない温泉宿。
いつかは必ず入りたい、そう思って後にします。
尾道の有名どころをみて回ろうと思っていたから。
しかし、しばらく行ってやっぱり引き返しました。
初尾道の思い出はこの温泉と決めたのです。

お昼も食べて、午後2時頃にミュゼッタさんでに到着。
かねがね気になっていたこちらのお店のチェンバロと対面しました。
一段鍵盤のフレンチでした!
大変古いものですが、アクションに問題ありません。
結構でたらめになっていたジャックを戻し、足らないプレクトラムを入れて調整すると、
十分演奏できる楽器になりました。

夜の演奏では大勢集まって下さったお客様に、このフレンチと持参したスピネットの両方を聴いてもらうことができました。
みなさん一人一人の元気なお顔が思い浮かぶ、
素敵なコンサートになりました。
[PR]
by toshimusikk | 2011-09-28 07:55 | 音楽
<< 加子母に帰ってきました 小倉を後に >>