弦が張れました

イタリアン・チェンバロの製作もいよいよ大詰めを迎えています。
昨日は弦を張り終えました。
2日間かかりました。

というのは、弦を張っていくとピン位置(弦を引っ掛ける)がジャックガイドの穴とずれている部分がいくつも見つかり、
それらをいちいち調整していたからです。
最終的にはボックススライドの穴位置までもいくつか変えなければならず、これは大仕事でした。
しかしそのおかげで、楽器の不具合を直す作業の手順などしっかりわかりました。

弦を巻くピンには穴を開けていませんでした。そういうチュウニングピンの楽器に何度も弦を借り換えたことがあったので、その経験が今回は多いに役立ちました。
穴のあるピンと無いピンどどちらがいいかという問題は、弦を巻き上げたときの見た目と安心感くらいの差かも知れません。
c0095185_7582442.jpg


さて、いよいよジャックの調整、ボイシングの作業。すぐにでも始めたいのですが、3日間は何もできません。
というのは、明日8月20日は前橋市のミニ音楽祭「アーリーミュージックの夏in前橋」というものを主宰しているので、これから群馬県に出発しなければならないのです、、、

そう、明日8月20日(土)は「アーリーミュージックの夏in前橋」
会場 群馬会館大広間  午後1時半開演です!

今年はついに最終回、第15回目となります。
お近くの皆様、ちょっと足を伸ばせば寄れる方、是非に聞きにきて下さい。お待ちしてます!
[PR]
by toshimusikk | 2011-08-19 08:01 | 音楽
<< アーリーミュージックの夏in前... チェンバロ響板の絵 >>