会津若松 ふれあい体育館にて

お知らせ大きなチェンバロ コンサート、見て下さい。

3月の大震災以来、会津若松のふれあい体育館は南相馬市の被災者の一部のみなさんの避難所として使われでいます。
昨晩、そのみなさんを少しでも音楽で勇気付けられたらと思い、小さなチェンバロの演奏を届けに行って来ました。

ほんの一時のことでしたが、心温まる楽しいコンサートができました。

年老いて介護が欠かせない母親と一緒の方、小さなお子さんと一緒のお母さん、どなたも苦労の多い避難所生活のはずですが、辛い思いを顔に出している人はいません。
段ボールで作っただけの粗末な仕切りで、それぞれの方がなんとか暮らしているようでした。食事はもちろん、配給のお弁当。
そのみなさんのサポートをしている役場や他の職員の方々が活き活きとした感じで、家族のような支え合いが生まれていることがわかりました。

音楽が届けられてほんとうに良かった!

心が元気になれば、不自由もきっと自由に変わります。
一緒に前に進んで行きましょう。
[PR]
by toshimusikk | 2011-06-26 11:16 | 音楽
<< 気持ちのいいカフェ 美濃加茂市 大きなチェンバロによるコンサー... >>