彼岸過ぎ

春の彼岸が過ぎても寒さが厳しいこの頃です。
連日の報道で、東北地方の被災者、避難所のみなさんの燃料や物資に欠乏した生活が伝わってきます。
私の住む加子母も東北地方とほぼ同じような寒冷地なので、その辛さは想像というより実感でわかります。

そんな加子母の私の暮らす上桑原地域の大切なお彼岸の行事、木曽谷稲荷さまの祭礼がありました。
何百年も守り伝えられてきた村の伝統行事です。
このお稲荷さまをお奉りする地域の人々は、同じ日に村の無縁仏の供養を行います。
村のこの地域の墓地の外れには50くらいの無縁仏の墓石があります。
どれも古くて苔むしたうえ、表面が風雨に削られてぼんやり形を残すのみというものも少なくありません。
その無縁仏の一つ一つに水をかけ、線香をともし、少しばかりですが花も供え、そして男衆みんなでお経を読み、念仏を唱えます。
この墓の主たちはどうして無縁仏になってしまったのでしょう。
遠い昔のことに想いが巡りました。
東北関東大震災ではどれほど多くの無縁仏が生まれることでしょう、、、
そんな思いもあって、読経にも念仏にも自然に心がこもりました。
その後、加子母川沿いの馬頭観音さまといくつかの無縁仏にも新しい卒塔婆をたて、同じように供養をしました。
c0095185_10205172.jpg
c0095185_10203656.jpg


最後にお稲荷さまにお詣りします。
日本の昔ながらの心のこもったお参りです。
まず、般若心経を3回となえます。
その後二礼二拍手一礼、と神式の礼拝をしました。
最後は餅投げで、地域の老若男女たくさんが集まりました。

今年が2回目の木曽谷稲荷さまの祭礼でしたが、参加していて心が温まる、そんな行事なのです。
[PR]
by toshimusikk | 2011-03-27 10:26 | 雑記
<< 4月3日 曇り ふるさと群馬でのライブ、その後 >>