ふれあいのやかた かしも

最近の土日は中津川市加子母の研修交流施設「ふれあいのやかた かしも」の管理人をしています。
大変大きな施設ですが木造です。
地元の方はもちろん、近隣市の方や、全国から集まる森林学習、加子母学習の方が利用します。
夏の間はフル回転していましたが、冬になると利用者も少なくなって静かになります。
先の冬は雪がよく降って、寂しいというか抒情的というか、初めての加子母の冬にこの施設の明かりが
暖かく輝いていたのを思い出します。

もうすぐ冬

檜の大きな丸太の柱に支えられたやかたの中に、森の時間が流れているのを感じます。

でもなんか、ほっとします。
[PR]
by toshimusikk | 2010-11-28 11:42 | 加子母
<< ジャック(部品)ができてきました アトリエ玉手箱 新人登場です >>