獅子舞奉納

加子母に越してきてようやく一月、
地域のみなさんにも声を掛けていただけるようになってきました。

連休中の5月2日は、上桑原という地域の氏神様「神明神社」の例祭でした。
朝は早くから地域住民総出で清掃と祭り準備が行われました。
c0095185_13412030.jpg







木々の上から虹のような光が降り注いでいます!








さて、夕方5時からは法被姿の村人が囃しながら小さな神輿を神社まで担ぎ上げました。

c0095185_13435196.jpg


村人の手によって代を重ねて受け継がれてきた伝統の祭り、芸能は、
いまでも世代を越えた村人の手によって大切に執り行われています。


日が落ち暗くなった社殿で、中学生男子3人がそれぞれ男獅子、女獅子に扮しての獅子舞奉納がありました。
c0095185_13454910.jpg


獅子舞を囃す大きなかけ声を掛けながら、心からの笑顔で楽しんでいる村人の表情を見て、
何だかとても安心できるのでした。
豊かに生きるために大切にしたいものがちゃんとある、
そんな村に暮らしていける喜びを有り難く思わずにはいられませんでした。
[PR]
by toshimusikk | 2010-05-04 13:53 | 雑記
<< 大杉地蔵、七年ぶりのご開帳 旧 神宮美林散策 >>