おともだち展、ギターコンサート

2月14日のバレンタインデー、
9日より開催中の「チェンバロ奏者haruさんと3人のおともだち展」では、畠山徳雄さんによる
ぎたー・コンサートが開かれました。
c0095185_15432952.jpg


畠山さんとは長い付き合いの中です。
新潟県長岡市出身の畠山さんは現在新潟で最も活躍するギタリスト、そして、
プロデューサーであり、作家であり、大学講師でもあります。
畠山さんは奥様とご一緒にこられました。仲のいいご夫婦で、微笑ましいですね!
c0095185_15512727.jpg


畠山さんとの出会いは、彼がプロデュースしていた東北電力の町中コンサートでチェンバロ奏者として呼んで下さったことから始まりました。
それが音楽以上のお付き合いになったのは、ぼく自身がどうやら長岡、柏崎の方面に深い関わりを持っていたからでした。

どんな関わりかって?

それは・・・コンサートの打ち上げに参加して下されば必ずその話になるんですよ。
お知りになりたい方は次回のチャンスにぜひ、打ち上げ参加して下さい。

彼の持つ名器「アグアド」は、温かく深みのある音を響かせていました。
畠山さんのオリジナル作品「地水火空風」より「序曲」と「風」が演奏されましたが、畠山さんの郷土への想いが深く詰まった名曲でした。

ご来場下さった皆様、畠山さん、ありがとうござました。

次は2月21日(日)に「小さなチェンバロ・ライブ」があります。
開演は午後2時です。どうぞ聴きに、見にいらして下さい。

お待ちしております!
[PR]
by toshimusikk | 2010-02-18 16:00 | 音楽
<< おともだち展最終日ライブ! おともだち展始まりました >>