餃子

先月(1月半ば)、餃子で有名な宇都宮に行って有名店の餃子を何種類か食べてきたのですが、んんん〜〜

焼き餃子でおいしさに感動、

とまではいきませんでした。

それから何度か食べた焼き餃子。

今日は久しぶりに自分で作ってみました。

少し大きめな皮を買ってきて、
白菜、キャベツ、長ねぎ、にら、ショウガ、ニンニクを刻んだりおろしたり、
塩をふってよく混ぜ、少しおいてふきんに包んでぎゅっと絞ります。
それから少なめに合挽きひき肉を混ぜて、
かたくり粉、しょうゆ少々、あらかじめ用意していた味噌(味噌に刻み唐辛子と胡麻、胡麻油少し、刻みネギ、みりん少々を合わせたもの)を加えて味付け。
よく練って餡を作り、さて皮に詰めはじめると一袋20枚ピッタリの餃子になって余りなし。それらを薄く小麦粉をしいたトレイの上に並べて、焼き焦す部分に粉がつくようにしておきます。

おおきなフライパンに油を引き良く熱し、餃子を並べ、、、
そう、あとは焼くだけ。

そして、カリカリパリパリに上手に焼けた焼き餃子が出来上がりました。

味はもちろん、とってもおいしい!
お酒は麦焼酎なんかよく合いますよ。

肉の少ない野菜餃子が好きな自分にはやはり自作のものの方が美味しくできます。
ずいぶん餃子作りしてきましたからね。

留学中は時々皮から手作りの餃子をつくり、友人たちに喜ばれました。

こんばんは12個食べました。
残りは冷凍保存です。
[PR]
by toshimusikk | 2009-02-17 00:22 | 美味しいもの
<< 広重、北斎の浮世絵名品展 伊香保温泉のホテルで音楽会 >>