コンサートが続きました

少し前の日記にコンサートの予定を書きましたが、昨日、今日とコンサートが続きました。

昨日はヘンデルのメサイアを太田市で。
今日は「小さなチェンバロ」というぼくオリジナルのコンサートを高崎で。

メサイアは指揮者が飯守泰次郎先生、さすがでした。
まず、耳がいいは当たり前。そんなことより注意力・記憶力が抜群にいい。
リハーサルで気になったところをきちんと記憶している。
その内容をはっきり覚えていて、きちんと指摘できる。
簡単なようで、これはものすごく大変なことなんです。
こういうことに優れている人と一緒の仕事をすると、真剣さの違いを意識させられます。
飯守先生、ありがとうございました。


さて、翌日の今日は、高崎市タワー美術館での「小さなチェンバロ」コンサートをやらせていただきました。
70名定員の会に120名弱の応募があり、抽選で入場者を決めるほどの関心の高さでした。
ぼく自身は知名度などありませんから、この関心の高さはなぜなのでしょう?


全く内容の違う二つのコンサートでしたが、どちらもぼく自身大変楽しめました。
そして、どちらのお客さまも大変友好的で、雰囲気のいいものになりました。

ステージの上で仕事をするというのは、時に緊張にさいなまれたり、
不安に縮みあがったりすることもありますが、たくさん学べるすばらしい教室です。

普段はソロ活動中心の自分にとって、メサイアはいい指揮者の下で、
美術館でのコンサートは多くの熱心なお客様を前に演奏するという機会を与えられて、本当に光栄でした!

もっともっと前向きに自分と音楽とを磨いていきます。
どうぞ、ご期待下さい。
[PR]
by toshimusikk | 2008-12-15 23:01 | 音楽
<< 小さな旅へ 11日のコンサートでは即興も >>