フランスですること(加筆)

明日からフランスに行ってきます。
一週間という短い間ですが、本当に久々のヨーロッパ。
でも、フランスという国には旅行者として出かけたときの悪い印象が、、、

まずはパリで、

Ducornet(デュコルネ)さんの工房を訪問します。

懐かしいなぁ、、、
マークに会うのは何年ぶりだろう。
最後は彼が日本に来て、この群馬まで会いにきてくれたとき。
そうそう、かれのクレジットカードが突然使えなくなって、小さな資金援助をしたんだっけ。。。

今回は、来年3月の終わりに計画しているガンバとチェンバロのコンサートの相談。
その時の楽器のレンタルのことやら、できればパリのどこかでコンサートも企画してもらえるようにお話ししてきます。

次はレンヌという町に。
今回の旅はここレンヌがメイン。
そこにぼくのコンサートの協力者、アニエスがいます。
宿泊もアニエス家なので、助かります。
彼女の紹介で、ケルト音楽のミュージシャンと交流ができるし、
8日(土)にはナントで開かれるフェスト・ノーズ(ブルトン語で夜会)に参加して、
胡弓を演奏してくる予定です。
ぼくのコンサートに協力してくれる音楽家も現れたということなので、いまから本当に現地が楽しみです。

今回は観光旅行ではないので、一つも名所を見にいくわけではありません。
あちらの人とつながってくることが、一番の目標です。

ケルト音楽をじかに体験し、ほんの少しでも学んでくることも、大事な目標です。

そんなことより、荷造り!

と思っていたら、おなじレンヌ近くのケルト音楽家でアコーディオン弾きのPhillipフィリップが12月はじめから1月4日までの一か月、日本に来るという連絡がはいってきた。一緒にコンサートができるといいな! フィリップはかなり頭よさそうだから、一か月も日本にいたら、きっと日本語を話し出すだろうな。
考えただけで、楽しい!

さて、この楽しさをみなさんにもお分けしなければいけませんよね。
しっかり勉強してきます!

明日朝早い!!

大丈夫かな、、、自分。。。

早く寝るためのお酒を飲んでいたら、、、
ああ、Veroniqueからメールの返信が今頃届いたよ!
彼女が日本で修行中、何度も一緒にコンサートをした尺八演奏家。
会いたいなぁ!
(ローマ字日本語のメールでした)おもしろい。

さらに、、、

レンヌ警察から、8日(土)のリスの朝市での演奏を許可する
旨のメールが届きました。

Lors de votre arrivee sur le marche des Lices, veuillez prendre contact avec
le placier qui vous indiquera les differents emplacements qui leur seront
impartis.

やっぱり、警察の許可がいるんですよね。
[PR]
by toshimusikk | 2008-11-04 19:18 |
<< フランスにて(レンヌ) たっぷり一日過ごす、練習なし。 >>